【簡単10分】ブログを始める >>

【注意点あり】ブログ記事のリライト方法とコツ【失敗事例まで解説】

【注意点あり】ブログ記事のリライト方法とコツ【失敗事例まで解説】
悩む人

  • ブログのリライトって何をすればよいの?コツとかあれば知りたいな
  • あと、リライトで順位が下がることってある?失敗事例があれば、押さえておきたいな

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 【重要】リライトの意味
  • ブログのリライトする手順
  • ブログのリライト方法とコツ
  • ブログのリライト後にすべきこと
  • ブログのリライトの失敗事例
当サイト『ガオのノート』運営者について
記事の信頼性

当サイト筆者は月間21万pvを達成しており、SEOコンサルとしての活動経験があります。

ブログにはリライトが必要不可欠。1発で上位表示は難しいため、順位ごとに適したリライトで徐々に上げていくのが基本です。

しかし、考えずにリライトを行うと、逆に順位が下がる可能性も普通にあります。

今回は「ブログのリライト方法とコツ」に加え、「ブログリライトでの失敗事例」を紹介しますね。

本記事を参考にすると、順位ごとの正しいリライト方法が分かり、稼げるブロガーへと歩みを進めることが出来ますよ。

《 当サイト使用テーマ 》

目次

ブログ記事をリライトする意味

ブログ記事をリライトする意味

結論、リライトの意味は順位を上げること

「よし!記事が読みやすくキレイになった!」と自己満足することではない。というわけです。

少し厳しい話ですが、副業でブログを行うのであれば、順位を上げるリライトを意識しましょう。

読まれない記事を読みやすくしても意味がない

記事を読みやすく書くのは大切です。

が、読まれなければ意味はなし。日本一読みやすい文章であっても、読まれないと役に立ちません。

まずは読んでもらうことが重要。そのために、順位を上げるためにリライトは存在しています。

【やり方】ブログ記事をリライトする手順

【やり方】ブログ記事をリライトする手順

初めにブログをリライトする手順

具体的なリライト方法は後述しますので、まずはリライトの手順を把握しましょう。

  1. リライトする記事を決める
  2. 順位に応じてリライトをする
  3. 順位を追って効果を確認する

順番に解説しますね。

①リライトする記事を決める

まずはリライトする記事決め。

検索順位が50位圏内で、収益化を望める記事をリライトするのが好ましいです。

圏外の記事や収益化を望めない記事をリライトしたところで、時間の無駄になってしましますからね。

②順位に応じてリライトをする

記事を決めたらリライトをします。

ただ、検索順位に応じて、適切なリライト方法は若干異なります。詳しくは後述しますね。

③順位を追って効果を確認する

リライト後は順位変動を追いましょう。

リライト後に記事を放置してしまうと、実際に効果があったのかが分かりません。

リライトで順位が下がる可能性もありますし、自分のリライトが間違ってないかを確認するためにも、順位を追うことは必須ですよ。

ブログ記事のリライト方法とコツを順位ごとに解説

ブログ記事のリライト方法とコツを順位ごとに解説

では、ブログのリライト方法とコツを順位ごとに解説していきますね。

  1. 圏外~50位
  2. 49位~20位
  3. 19位~5位
  4. 4位~1位

順番に見ていきましょう。

リライト方法とコツ:圏外~50位

結論、圏外~50位の記事はリライトを行う価値がありません。

そのため行う処置は以下の通り。

  1. 放置する
  2. No indexで消す
  3. 301リダイレクトする

放置する

1つ目の処置は放置。

というのも、稀にですが、数か月後に検索順位が上がる可能性もあるから

僕の事例で言うと、更新後5ヵ月は圏外で6ヵ月目に1ページに食い込んだ記事がありました。

放置後に急上昇の事例

ドメインパワーが上がったのが原因でしょう。稀に急上昇するケースもありますよ。

No indexで消す

放置しても上がらない場合は消しましょう。

品質の低い記事があると、サイト全体の評価が低下する可能性もありますので

実際、過去に低品質な記事20本をNo indexで消したところ、サイト全体のアクセスが1.2倍ほどになりました。

301リダイレクトする

301リダイレクトだとSEO評価を受け継いだまま、新しい記事を書くことが可能。

SEO評価だけ受け継ぎ、狙いやすいキーワードで記事を書きなおす形式ですね。

301リダイレクトは「AFFINGER」なら標準装備ですが、装備されていないテーマの場合は「Redirection」を使うと簡単に出来ますよ。

リライト方法とコツ:49位~20位

49位~20位の記事は上手くリライトをすれば、検索上位に行けるポテンシャルがあります。

具体的には以下の処置が有効。

  1. 検索意図を見直す
  2. タイトルのを変更する
  3. H2に関連キーワードを入れる

検索意図を見直す

49位~20位だと検索意図を微妙に外している可能性があります。

狙うキーワードに対して、適切な回答を出来ていない可能性がある。というわけです。

なので、狙うキーワードの上位サイトを参考にして、検索意図を満たせているか確認をしましょう。

>>【無料】ラッコツールズの使い方!見出し(Hタグ)を抽出できるSEOツールを紹介

タイトルのを変更する

また、タイトルの変更も効果的。

例えば、狙うキーワード数を減らしたり、狙うキーワードをより左詰めにしたりなど。

サーチコンソールで表示回数が多いキーワードを見つけて、タイトルを寄せていくと良いですよ。

H2に関連キーワードを入れる

H2に関連キーワードを入れるのも効果的。

記事に網羅性が出るので。H2にキーワードを追加しただけで、1ページ目に上がった事例もありますからね。

ラッコキーワード」に狙うキーワードを入力すれば、関連キーワードを抽出できますよ。

リライト方法とコツ:19位~5位

19位~5位の記事はあともう一歩。

以下のようなリライト方法を採ることで、リスク少なく検索順位を上げることが可能です。

  1. 滞在時間を伸ばす
  2. 内部リンクを追加する
  3. 情報内容の鮮度を上げる
  4. 権威あるサイトに発リンク

滞在時間を伸ばす

順位が20位より上に来たら、読者に長く滞在してもらえる設計が有効

ここまで来ればレイアウトや文章術で、読みやすい記事を意識するのが効いてきます。

最大22分の滞在時間を達成した方法を記事でまとめたので、詳しくは以下をご覧ください。

>>【20分超え達成】ブログ滞在時間を伸ばすコツ11選!目安時間まで解説

内部リンクを追加する

また、内部リンクの追加も効果的。

ブログは団体戦。記事単体では限界があります。実際、記事ごとの関連性が高い特化サイトはSEOに強いですしね。

ミドルキーワード(例:40代 おしゃれ)以上で上位を狙うなら、内部リンクなしでは難しいですよ。

情報内容の鮮度を上げる

SEO評価にフレッシュネスという項目があります。つまり、情報の鮮度。

読者からしたら、古い情報より新しい情報を知りたいですよね。なので、SEOでも有効なわけです。

GoogleはHTML量の変化を見るので、情報を新しくしたり内部リンクを追加してあげると効果的ですよ。

権威あるサイトに発リンク

Googleは「E-A-T」と言って、記事に「専門性・権威性・信頼性」を求めています。

そこで簡単に権威性を出せるのが発リンク。その道のプロであるサイトにリンクを送るわけです。

実際、アメリカの研究によると、内容が全く同じでも、発リンクの有無で検索順位は変動したとの結果がありますよ。

リライト方法とコツ:4位~1位

4位~1位の記事は下手にリライトすると、順位が落ちる可能性があります。

また、順位を上げるのも難しめ。そこで効果的だった施策は以下4つです。

  1. 日付を最新にする
  2. クリック率を上げる
  3. 被リンクの本数を増やす
  4. サイテーション獲得を目指す

日付を最新にする

これは日付のみを更新する方法。

内容は変えません。読者からすると更新日が古い記事と新しい記事、どちらが読みたいですかね。

仮に内容が変わってなくても、更新日が新しい方が僕は信頼できます。こういう作戦です。

HTML量は変わらないので、SEO効果は見込めませんが、クリック率が上がるので間接的にSEO効果を見込めますよ

クリック率を上げる

日付以外でクリック率を上げる方法が1つ。

メタディスクリプションの改善です。SEO効果はありませんが、クリック率を上げることが可能。

詳しくは記事をどうぞ。以下を参考にメタディスクリプションを改善して、クリック率が2倍になったと報告頂いています。

>>メタディスクリプション書き方5つのコツ【最適な文字数は?】※テンプレあり

被リンクの本数を増やす

4位以上の記事は内部対策よりも、被リンク獲得といった外部対策が効きます。

実際、検索上位のサイトは被リンク数が桁違い。難しいですが、そういう世界です。

被リンクを獲得する方法は以下の記事で解説しているので、ぜひご活用下さい。

>>被リンクを増やす5つの方法と調べ方【裏技的な獲得方法あり】

サイテーション獲得を目指す

サイテーションとは引用のこと。

ブログにおいてはリンクのない被リンクと言われ、主にSNSで言及されることを指します

僕は初心者の頃からサイテーションを意識しており、その知見を記事にしているので参考までに。

>>サイテーション獲得はSEOに影響する?【6つの対策方法&注意点】

ブログ記事をリライトした後にすべきこと

ブログ記事をリライトした後にすべきこと

リライトは行った後も大切。

放置しては効果半減なので、リライト後は以下の手順を踏みましょう。

  1. インデックス登録
  2. GRCで順位変動を追う
  3. 順位によって再びリライト

順番に解説しますね。

①インデックス登録

まずはインデックス登録。

すでにインデックス登録はされてると思いますが、もう一度行うことで「記事をリライトしたよ」と伝えることが出来ます。

すると、リライトの反映が少しは早くなりますよ。サーチコンソールでしっかりと対処しましょう。

②GRCで順位変動を追う

次は、GRCで順位変動を追います。

でないと、リライトに効果があったか分かりません。逆効果の可能性もありますし。

GRC」は月375円から使用できるので、最低限の必要経費として導入するが吉ですよ。

③順位によって再びリライト

GRCで順位を追って、順位が落ち着いてきたら再びリライトです。

一度で終わるわけではないので注意が必要。順位に応じて、リライトを重ねていきましょう。

企業サイトでもない限り、リライトを繰り返し、ジリジリ順位を上げていくのが基本です。

【注意】ブログ記事のリライトでよくある失敗

【注意】ブログ記事のリライトでよくある失敗

最後に、ブログリライトの注意点

リライトでよくある失敗事例を3つ挙げます。無視すると、逆に順位が下がる恐れがありますよ。

  1. すぐにリライトをする
  2. リライトをしたら放置する
  3. 順位を上げただけで満足する

順番に解説しますね。

失敗例:①すぐにリライトをする

すぐにリライトをするのはNG。

記事が評価されるのは時間がかかるので、3ヵ月ほどは時間を空けましょう

「記事を公開して3ヵ月待つ→順位に応じてリライト→1ヵ月ほど待つ→順位に応じてリライト」のようなイメージです。

失敗例:②リライトをしたら放置する

先ほども解説しましたが、リライト後は「GRC」で順位変動を追いましょう。

例えば、順位を追ってリライトに成功したと知れれば、次回からは最初から成功するリライトが出来ますよね

SEOに正解はありません。最終的には自分で検証して答えを出すしかないんですよね。

なので、検証や分析をするために、データの蓄積は必要不可欠。しっかりと順位は追いましょう。

失敗例:③順位を上げただけで満足する

最もよくあるリライトの失敗は、順位を上げただけで満足すること。

ブログを書く目的は何ですか?収益ですよね。つまり、順位を上げたら、次は収益を上げるための工夫が必要なんですよ。

例えば、1ページ目に上がった記事にセールスライティングを組み込んだり、収益記事へ誘導する導線を強くしたり

非常に厳しい話ですが、記事が1ページ目に上がっただけでは稼げないです。そこがスタートラインですよ。

マジかよ..そんな難しいのか」と思うかもですが、この壁を超えた方から稼げています。一緒に頑張りましょう。

ブログ記事のリライト方法とコツ:まとめ

リライト方法とコツ:圏外~50位
  • 放置する
  • No indexで消す
  • 301リダイレクトする
リライト方法とコツ:49位~20位
  • 検索意図を見直す
  • タイトルのを変更する
  • H2に関連キーワードを入れる
リライト方法とコツ:19位~5位
  • 滞在時間を伸ばす
  • 内部リンクを追加する
  • 情報内容の鮮度を上げる
  • 権威あるサイトに発リンク
リライト方法とコツ:4位~1位
  • 日付を最新にする
  • クリック率を上げる
  • 被リンクの本数を増やす
  • サイテーション獲得を目指す

ブログは順位に応じたリライトを繰り返すことが必要不可欠。

書いて放置でアクセスが来るほど甘い世界ではありません。データを蓄積し改善する必要があります。

一度リライトに成功すると、その後も同じ方法で順位を上げられるので、しっかりと順位を追ってデータも蓄積しましょう。

【注意点あり】ブログ記事のリライト方法とコツ【失敗事例まで解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》
ブロガー向けサロン『GBC』
GBC

「ブログで"稼ぐ"力を身に付ける」をスローガンにオンラインサロンを開設しました。

月額980円ですが参加特典で5,960円分の有料noteを無料で見れるので、興味のある方はぜひ。

>>GBCを覗いてみる

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる