当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

WordPressテーマ『Diver』のメリットとデメリット【比較あり】

悩む人のアイコン画像悩む人

  • WordPressテーマをDiverで迷ってるから、メリットとデメリットを知りたいな
  • 他のWordpressテーマとDiverの違いも比較して欲しい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • Diverの特徴
  • Diverのメリット7つ
  • Diverのデメリット5つ
  • Diverと他テーマを比較
当サイト『ガオのノート』運営者について
記事の信頼性

当サイト筆者はDiverを含め、13個のWordpressテーマの使用経験があります。

Diverは多機能でデザイン性も高く、非常に高品質なWordpressテーマ。

が、13個のテーマを使用した観点から見ると、「ここはイマイチだな」と感じる部分もありました。

そこで今回は「WordPressテーマDiverのメリットとデメリット」を解説した上で、「他テーマとDiverを比較」していきますね。

本記事を参考にすると、Diverの特徴と他テーマとの違いを理解でき、テーマ選びで失敗しませんよ。

目次

WordPressテーマDiver(ダイバー)の特徴

テーマ名Diver
料金17,980円
サポート
表示速度
AMP化対応
デザイン性
使いやすさ
ユーザー数
SEO内部対策
カスタマイズ性
新エディタ対応

Diverはデザイン性と機能性が両立した高品質なWordpressテーマ

よくある「デザイン性は高いけど、機能性が低い」有料テーマと違い、Diverは非常にバランスの取れたテーマですね。

価格帯は少し高めですが、1回買い切りで複数サイト使用ができるので、コスパは悪くないと感じています。

>>Diverを詳しく見る

WordPressテーマDiverのデメリット5つ

WordpressテーマDiverのデメリット5つ
WordPressテーマDiverのデメリット5つ

WordPressテーマDiverでデメリットに感じる部分は以下5つです。

  1. 料金が高め
  2. 機能が使いきれない
  3. ユーザー数が多くない
  4. サイトが重くなりがち
  5. ブログ初心者向きではない

順番に解説しますね。

①料金が高め

Diverの料金は17,980円。

正直に言ってしまうと、Diverの価格帯は少し高めです。

テーマ名料金
STORK11,000円
AFFINGER14,800円
JIN14,800円
THE THOR16,280円
SWELL17,600円
Diver17,980円
賢威27,280円
GENSEN34,800円

テーマは長く使用するので、数千円は誤差ですが。

STORKは安いですが複数サイト使用ができないので、コスパを求めるなら「AFFINGER」が最もオススメです。

②機能が使いきれない

Diverは非常に多機能。

本来であればメリットなのですが、すべての機能を使うとサイトがごちゃつくので、デメリットにもなり得ます。

なので、Diverをテーマにするなら、機能の取捨選択が必要になってきますね。

③ユーザー数が多くない

また、Diverのユーザー数は少なめ。

つまり、その分ネット上に情報が少なく、疑問の解決がしにくいというデメリットがあります(マニュアルがあるので基本的には問題なし)。

ただ、ユーザー数が少ないと、サイトの独自性を出せるメリットもあるので、デメリットばかりではありません。

④サイトが重くなりがち

Diverで最もデメリットに感じる部分は、サイトが重くなりがちな点ですね。

表示速度は遅くないのですが、他のテーマに比べると、画像や文章の読み込みが少し遅いです。

なので、プラグインを活用して、画像やソースコードの圧縮をするのが絶対になるでしょう。

⑤ブログ初心者向きではない

Diverはブログ初心者向きではないです。

というのも、機能が多くて使いきれないデメリットと、ネット上に情報が少ないデメリットがあるから

ただ、ブログ初心者の方でも慣れれば全然使えるので、そんなに気にしなくて良い部分でもあります。

WordPressテーマDiverのメリット7つ

WordpressテーマDiverのメリット7つ
WordPressテーマDiverのメリット7つ

逆に、WordPressテーマDiverでメリットに感じるのは以下7つです。

  1. サポート体制が万全
  2. 複数サイトで使用できる
  3. マニュアルが充実している
  4. 洗練されたお洒落なデザイン
  5. アフィリエイトに適している
  6. 定期的にアップデートがある
  7. 入力補助の機能が充実している

順番に解説しますね。

①サポート体制が万全

Diverはサポート体制が万全。

というのも、メールで無期限かつ無制限のサポートをしてくれるため

Diverのサポート体制

上記の通り。

メールサポートのある有料テーマは多いですが、無期限サポートのあるテーマは珍しいですよ。

②複数サイトで使用できる

Diverは複数サイト使用が可能。

つまり、Diverは使えば使うほどお得になってくテーマということ。

  • 2サイト使用:8,990円
  • 3サイト使用:5,993円
  • 5サイト使用:3,596円

1回買ってしまえば、あなたの資産になるので、悪くない投資ですよね。

ガオのアイコン画像ガオ

多くのブロガーは複数サイトを運営しているので、選ぶなら資産になるテーマがおすすめ!

③マニュアルが充実している

Diverはマニュアルも充実しています。

Diverのマニュアル
Diverのマニュアル

機能の使い方や細かいカスタマイズ方法1つ1つが記事で解説されているので、初期設定がしやすいテーマですね。

マニュアルでも解決できない問題があれば、個別にメールサポートをしてもらえばOKです。

④洗練されたお洒落なデザイン

お洒落なテーマは多く存在しますが、Diverはお洒落で洗練されたデザインが特徴的。

JINやSANGOのように柔らかく女性的なデザインも可能ですが、深く研磨されたような大人デザインが可能です。

Diverのデザイン

カラーバリエーションも豊富なので、自分の好きな系統にデザイン出来ますよ。

>>Diverのデモサイト見てみる

⑤アフィリエイトに適している

Diverはアフィリエイトで稼ぐのを手助けする機能が複数用意されています。

例えば、以下のような機能ですね。

  • LP作成
  • ボタンリンク
  • ランキング機能
  • メルマガ登録フォーム

などなど。

専門知識がないと作成が難しい機能も、Diverであれば標準装備で使うことが可能です。

⑥定期的にアップデートがある

Diverの大きなメリットは定期的にアップデートが行われること。

SEOは常に変化しているので、本当に良いテーマとは、時代に合わせて変化できるテーマとも言えるんですよね。

Diverは時代に合わせて変化できる柔軟なテーマなので、SEOで不利になることもなく、記事の執筆に集中ができますよ。

⑦入力補助の機能が充実している

また、Diverは入力補助の機能が充実しているので、ボタン操作で高度な装飾が可能。

Diverの入力補助
  • ボタン
  • 囲い枠
  • 吹き出し
  • 光るマーカー

などなど。

本来はHTML/CSSが必要な装飾も、Diverならボタン1つで瞬時に作成することが可能ですよ。

>>Diverをテーマにする

Diverを他のWordpressテーマと比較

Diverを他のWordpressテーマと比較
Diverを他のWordpressテーマと比較

ここまでDiverのメリットとデメリットを詳しく解説しました。

ただ、Diver以外にもテーマは多くあるので、最後にDiverと違いを比較していきます。

  1. Cocoon(コクーン)
  2. SWELL(スウェル)
  3. AFFINGER(アフィンガー)

順番に見ていきましょう。

①DiverとCocoonを比較

テーマ名DiverCocoon
料金17,980円0円
サポート
表示速度
AMP化対応
デザイン性
使いやすさ
ユーザー数
SEO内部対策
カスタマイズ性
新エディタ対応

結論、Diverの方がおすすめ

僕はCocoonで月30万円のサイトを構築しましたが、HTML/CSSをゴリゴリに弄っています。

Diverであればボタン操作でOKなので、効率UPやデザイン性を考慮するなら、Diverに投資する方が賢いですね。

ただ、「どうしても無料がいい」や「HTML/CSSを学びたい」という方はCocoonでも全然いいと思います。

②DiverとSWELLを比較

テーマ名DiverSWELL
料金17,980円17,600円
サポート
表示速度
AMP化対応
デザイン性
使いやすさ
ユーザー数
SEO内部対策
カスタマイズ性
新エディタ対応

結論、SWELLの方がおすすめ

というのも、全体的に少しずつSWELLの方がDiverよりも機能性が高いからです。

料金もDiverより安く、サポート体制も万全で定期的なアップデートもある、Diverの上位互換のようなテーマですね。

ガオのアイコン画像ガオ

ちなみに当サイト『ガオのノート』のテーマはSWELLです!

③DiverとAFFINGERを比較

テーマ名DiverAFFINGER
料金17,980円14,800円
サポート
表示速度
AMP化対応
デザイン性
使いやすさ
ユーザー数
SEO内部対策
カスタマイズ性
新エディタ対応

結論、AFFINGERの方がおすすめ

僕は13個のテーマを使用していますが、中でもAFFINGERが最も完成度の高いテーマだと感じています。

稼ぐことに特化しており、月収100万超えブロガーや企業サイトにも使われる化け物テーマですね。

一方で、マニュアルも充実しており、Web情報量も桁違いに多いので、ブログ初心者の方向けのテーマでもあります。

ガオのアイコン画像ガオ

僕は『ガオのノート』以外のサイトは、すべてAFFINGERで運営しています!

結局どのテーマがいいの?

結論、アフィリエイトで稼ぐならAFFINGER、デザイン性と使いやすさならSWELLを選ぶのがオススメ

ただ、両方とも最高クラスのテーマなので、どちらを選んでも失敗することはありませんよ。

もちろんDiverも良いテーマなので、自身のサイトやお財布と相談して検討してみて下さい。

>>SWELLを見てみる >>AFFINGERを見てみる

WordPressテーマDiverのメリットとデメリット:まとめ

Diverのデメリット
  1. 料金が高め
  2. 機能が使いきれない
  3. ユーザー数が多くない
  4. サイトが重くなりがち
  5. ブログ初心者向きではない
Diverのデメリット
  1. サポート体制が万全
  2. 複数サイトで使用できる
  3. マニュアルが充実している
  4. 記事の装飾が豊富にできる
  5. アフィリエイトに適している
  6. 定期的にアップデートがある
  7. 入力補助の機能が充実している

Diverはデザイン性と機能性の高さが両立しているWordpressテーマ。

が、その上位互換にはSWELL、他にも稼ぐことに特化したAFFINGERというテーマがあります。

あくまで個人の感想ですが、デザイン性と使いやすさを求めるならSWELL、収益化を目指すならAFFINGERがオススメですよ。

\デザイン性が高く使いやすい /

\ プロも愛用するテーマ /

※稼ぐ設計図と4,980円のプラグインが無料でGET可能

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる