WordPressテーマ『Cocoon』の評判と感想【デメリット3つを解説】

Wordpressテーマ『Cocoon』の評判と感想【デメリット3つを解説】Wordpress
  • WordPressテーマ『Cocoon』の評判ってどうなの?
  • どんなメリット・デメリットがある?

こんな悩みを解消します。

 

Cocoonは機能性に優れたWordpressの無料テーマ

 

私も1つのサイトでCocoonを使用しており、月20万円の収益を5ヵ月で突破することに成功(Cocoonを含め10個以上のWordpressテーマを使用しています)。

 

使用した感想から「良い評判ばかりだろう」と思っていましたが調査した結果、びっくりすることも分かりました。

 

そこで今回は「Cocoonの評判・口コミ」に加え、「Cocoonのメリット・デメリット」を紹介します。本記事を参考にすると、Cocoonの特徴と有料テーマとの違いが理解できます。

 

記事の内容

  • WordPressテーマCocoonとは
  • Cocoonの評判・口コミ
  • Cocoon7つのメリット
  • Cocoon3つのデメリット
  • Cocoonより有料テーマが良い?

 

記事の信頼性

Cocoonを使用し5ヵ月で月収20万を突破(pv数は月10~20万ほど)。また、有料含め10個以上のWordpressテーマを使用しています。

スポンサーリンク

WordPressテーマCocoonとは

料金無料
特典なし
SEO★★★★☆
サポート★★★★☆
デザイン★★★☆☆
使いやすさ★★★★☆

 

CocoonはSimplicityというテーマの後継として、わいひら(@MrYhira)さんによって作成されたWordpressテーマ。

無料ながらも機能性に優れ、多くのユーザーを抱える大人気っぷり。有料テーマにないような機能さえもあり、正直Cocoonはお金を取れるレベルですね。

 

デザイン性に欠ける面もありますが、無料の中ではかなりオススメのテーマです。

 

Cocoon(コクーン)良い評判・口コミ

Cocoon(コクーン)良い評判・口コミ

 

Cocoonの良い評判・口コミをまとめるとこんな感じ。

  • 使いやすい
  • 無料とは思えない
  • とりあえずCocoonで間違いない

 

やはり、無料でバツグンの機能性からユーザーも多く、人気のあるテーマですね。

 

デザインはシンプルですが、使いやすく無料の中ではかなり優秀なテーマであると感じます。

 

Cocoon(コクーン)悪い評判・口コミ

Cocoon(コクーン)悪い評判・口コミ

 

Cocoonの悪い評判・口コミをまとめるとこんな感じ。

  • デザイン性に限界を感じる
  • 有料テーマの方が設定が簡単
  • バグを考えたら有料テーマに投資すべき

 

悪い評判・口コミでは、「有料テーマと比べた時にCocoonの方が劣る」との声がちらほら。

 

正直、Cocoonは良い評判ばかりかと思っていましたが、SNS上でサーチしたら「良い評判:悪い評判=5:5」で少しびっくりしました..

 

Cocoon(コクーン)のメリット7つ

Cocoon(コクーン)のメリット7つ

Cocoonを使用していて便利に感じるのは下記の7点。

  1. 着せ替え機能がある
  2. AMPに対応している
  3. 吹き出し設定が簡単
  4. カルーセル設定が簡単
  5. サイトの高速化が可能
  6. 内部リンクカードが作成可能
  7. プラグインがほとんどなしでOK

 

順に解説します。

 

着せ替え機能がある

Cocoonには「スキン」という着せ替え機能があります。

これによりサイトの色を決めたり、簡単にデザインすることが可能

 

AMPに対応している

また、Cocoonは無料なのにAMP対応

AMP対応とは『モバイル端末でサイト表示速度を高速化させる仕組み』で、Googleも推奨しており、これからのサイト運営に必須の機能

 

私は有料テーマの「JIN」も買いましたが、驚いたことに「JIN」はAMPに対応していません..

 

Cocoonは半端ないですね。

 

吹き出し設定が簡単

Cocoonは吹き出し設定も簡単。

 

ガオ
ガオ

こんな風にプラグインなしで、簡単に使用できますよ!

 

設定も非常に簡単で、HTML/CSSなどが分からなくても問題なし

 

有料テーマの「AFFINGER」だと同じく簡単に吹き出しが設定可能で、尚且つ吹き出しに動きを与えることもできます。

 

関連記事 Cocoon(コクーン)で吹き出しを設定しキャラを作る方法

 

カルーセル設定が簡単

Cocoonではカルーセルスライダーもボタン1つで設定可能

カルーセルとは記事が横に流れるスライダーのこと。↓

カルーセル設定が簡単

 

こちらも同じく専門知識や面倒な作業は一切なく設定できますよ。

 

関連記事 Cocoon(コクーン)でカルーセルスライダ―を表示させる方法【プラグイン不要】

 

サイトの高速化が可能

Cocoonには高速化という機能があり、ボタン設定で簡単にサイト表示速度を高速化することが可能

 

サイトの表示速度はモバイルフレンドリーアップデート以降、非常に重要な評価項目なので、しっかりと対策する必要があります。

 

関連記事 Cocoon(コクーン)でサイト表示速度を高速化する方法【1分で出来ます】

 

内部リンクカードが作成可能

そして、なんとCocoonだとプラグインなしで内部リンクカードも作成可能

こんな感じ。↓

AFFINGER(アフィンガー)とJINを比較【機能の違いを解説】
WordpressテーマをAFFINGER(アフィンガー)とJINで迷っていませんか?本記事では料金・機能ごとに比較をし、その違いを一目で分かるようひリスト化しています。知らずに買うと損をしてしまうので、違いを把握しておきましょう。

 

通常はプラグインを使用しますが、Cocoonであれば簡単に表示させることができますよ。

 

プラグインがほとんどなしでOK

Cocoonは機能性がバツグンなので、ほとんどプラグインが不要でサイトが高速化しやすいです(ハッキングのリスクも減る)。

 

一方で、一部の有料テーマはプラグインを入れないと機能が全然ないこともあるので、その点Cocoonは非常に優秀(「JIN」はプラグインが結構必要)。

  1. AFFINGER:14,800円
  2. THE THOR:14,800円
  3. Cocoon:無料

 

あくまで使用してみた感じですが、「有料・無料」合わせて比較しても、機能性で言うとCocoonはトップ3に入ると思います。

 

Cocoonは無料Wordpressテーマの中で間違いなく最強格ですよ。

 

関連記事 WordPressおすすめ無料テーマ5選【有料でないと稼げないはウソ】

 

Cocoon(コクーン)のデメリット3つ

Cocoon(コクーン)のデメリット3つ

逆に、Cocoonを使用していて下記の3つは不便。

  1. 個性が出にくい
  2. おしゃれさに欠ける
  3. 知識がないとカスタマイズできない

 

順に解説します。

 

個性が出にくい

Cocoonは無料で優秀ですが、その分ユーザーも多く個性がほぼ出ません。

なので、サイトを見ていると、「あ、この人Cocoonだな」と一瞬で分かります。

 

そういった意味で他との差別化をする必要もあるので、他の人と頻繁に被るというのはデメリットになるでしょう。

 

おしゃれさに欠ける

また、Cocoonはシンプルなレイアウトで、正直おしゃれさはないです。

良く言うとシンプル、悪く言うとダサいです。

 

この点に関しては仕方ないのでデザインを良くするなら、有料テーマに変更するか、プログラミング学習をして自分で弄るかになります。

  • Diver:シンプルだけどおしゃれ。かつ他人とほぼ被らない
  • THE THOR:デザインがおしゃれ。アパレルサイトみたいにもできる
  • AFFINGER:シンプルで洗練されている。プロデザイナーのテンプレが使用可能

 

デザイン性で言うと「JIN」も素晴らしいですが、機能性や表示速度を考慮するとオススメできるのは上記3つ

 

知識がないとカスタマイズできない

上記2つのデメリットに共通しますが、Cocoonはシンプル故にカスタマイズしないと、ほぼ個性が出ません。

初心者向けではありますが、カスタマイズを前提に作成されてるので、Wordpressの知識がないと使いこなすのは困難

 

自分で弄りたい方は、「Code Camp」でWordpressコースが無料体験できるので、そちらを体験してみるのがオススメ。

 

無料体験はオンラインで簡単に早ければ即日に受講できますよ。

 

\満足度94.6%/
CodeCampで無料体験 ≫
オンラインレッスンNo.1

 

関連記事 CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミ【メリット・デメリットを解説】

 

Cocoon(コクーン)より有料テーマの方が良い?

Cocoon(コクーン)より有料テーマの方が良い?
ここまで来ると、Cocoonにすべきか有料テーマにすべき迷うと思います。

 

ただ、極論を言うとテーマは何でもOK。結局はコンテンツの質なので、多少なりとも「差」は生まれますが、本質はテーマにありません。

 

無料テーマでも稼ぐことが可能

それに無料テーマでも稼ぐことは可能。

ちなみに当サイト「ガオのノート」では記事を入れすぎたので、そのままCocoonを使用していますが、月に20万以上は収益が出ています。

 

ただ、自分でカスタマイズもしましたし、ツールを併用して弄り回してますが。笑

 

有料テーマは時間を買える

私の場合はプログラミング学習も含め、Cocoonを弄るのに時間を要しました。

が、有料テーマであれば、その過程を飛ばして良質なサイトが一気に手に入ります。

 

つまり、有料テーマは「手間」や「時間」を買う投資で、記事に集中するためのツール。時短した分で、コンテンツの質も上げることができますよね。

 

当初、私は賢くなかったのでCocoonで意地を張っていましたが、別サイトを立ち上げる時は速攻で有料テーマに変えました。

 

有料テーマならAffingerでOK

有料テーマを購入したい方は、「AFFINGER(14,800円)」にしておけばまず失敗しません。

私は10個以上のテーマを使用しましたが、Affingerが一番バランス良く、SEOにもかなり強いのでオススメ。

 

また、複数サイトでの使用も可能なので、1回購入すれば、どんどん格安で使用することができますよ(私は2サイトでAffingerを使用中)。

 

\プロも愛用するSEO特化テーマ/
AFFINGERを特典付き購入 ≫
ここから購入で特典付き

 

関連記事 アフィンガー5(AFFINGER5)の購入手順【インストールに注意点あり】

 

WordPressテーマ『Cocoon』の評判と感想:まとめ

Wordpressテーマ『Cocoon』の評判と感想

Cocoonは優秀なテーマで稼ぐことも可能。

ですが、カスタマイズなど記事を書くこと以外に時間も要するため、初心者の方にこそ有料テーマが向いているのも事実

 

なので、「時間に投資する」or「自分でカスタマイズしていく」かを考え、テーマを選らんで見て下さい。

▼Cocoon▼
Cocoonをテーマにする ≫

▼AFFINGER▼
AFFINGERを特典付き購入 ≫

▼Wordpressを無料で学ぶ▼
CodeCampで無料体験 ≫

 

トップへ戻る☝

 

人気記事 検索順位チェックツールGRCの評判・評価は?メリット・デメリットを解説

コメント

プロフィール

ガオの顔

ガオ
現在21歳。ブログ開始5ヵ月で新卒の平均給料を達成。当サイト『ガオのノート』ではブログにおける有益かつ再現性の高い情報を発信しています。

【 実績 】

  • 3ヵ月で14万pv
  • 書籍出版の依頼
  • 5ヵ月で収益20万
  • 5ヵ月でフォロワー数1万人

>>ライティング依頼はこちら

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました