当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

警告|CocoonからSWELLにテーマ移行する手順【あのプラグインが危ない】

悩む人のアイコン画像悩む人

  • CocoonからSWELLにテーマ移行したいけど、不具合とかが怖いな
  • テーマ移行で注意すべき点はある?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 【検証】CocoonからSWELLへのテーマ移行を準備せずにやってみた
  • WordPressテーマをCocoonからSWELLに移行する手順
  • CocoonからSWELLにテーマ移行する際の注意点

結論、CocoonからSWELLへのテーマ移行は簡単。

実際、僕は下書きを含め『500記事』あるサイトをCocoonからSWELLに移行しましたが、型崩れや不備はほぼありません。

が、正しくテーマ移行をしないと、型崩れしますし、深刻な不備も起きます

なので、今回は「WordPressテーマをCocoonからSWELLに正しく移行する手順」を解説しますね。

本記事を参考にすると、WordpressテーマをCocoonからSWELLに安全に移行することができますよ。

ガオのアイコン画像ガオ

SWELLにどんなメリットやデメリットがあるか知りたい方は、以下の記事を合わせてご覧下さい!

>>Wordpressテーマ『SWELL』の評判・レビュー【デメリット2つあり】

《 当サイト使用テーマ 》

目次

【検証】CocoonからSWELLへのテーマ移行を準備せずにやってみた

CocoonからSWELLへのテーマ移行を準備せずにやってみた

まず、テスト環境で事前準備をせずに、テーマ移行をしてみました。

何もせずWordpressテーマをCocoonからSWELLに移行した場合、どのような型崩れが生じるか見ていきましょう。

テーマ移行前の記事:Cocoon

まず、テーマ移行前の記事。

テーマ移行前:Cocoon

当たり前ですが、この時点で記事に型崩れはなし。

テーマ移行後の記事:SWELL

では、次にテーマをSWELLに移行します。

テーマ移行後:SWELL

上記の画像の通りですが、「ふきだし」と「文字の装飾」が型崩れしました。

SWELLだとテーマ移行の型崩れを防げる

が、ここで吉報です。

実は、SWELLには他のテーマと違い、テーマ移行のサポート機能があります。

以下のテーマから移行する場合、デザインの型崩れを防ぐことが可能ですよ。

  • JIN
  • STORK
  • SANGO
  • Cocoon
  • THE THOR

つまり、CocoonからSWELLにテーマ移行をする場合、サポート機能を使うことで、上記の型崩れを防げるわけです。

ガオのアイコン画像ガオ

では、正しいテーマ移行の手順を見ていきましょう!

WordPressテーマをCocoonからSWELLに移行する手順

CocoonからSWELLに移行する手順

WordPressテーマをCocoonからSWELLに移行する手順は以下の通り。

  1. SWELLをインストール
  2. Cocoonからの乗り換えサポート用のプラグインを導入
  3. 不要なプラグインを調整
  4. SWELL-CHILDを有効化
  5. 細かい記事の手直し
  6. 乗り換えサポート用プラグインを削除

順番に解説しますね。

①SWELLをインストール

まず「SWELL」にアクセスして、SWELLを購入します。

SWELLを購入する

そしたら、Wordpressに移動し「外観 > テーマ」から、「テーマのアップロード」をクリックしましょう。

テーマのアップロード

テーマは「親テーマ→子テーマ」の順番でアップロードしましょう。

ガオのアイコン画像ガオ

親テーマは「swell」で、子テーマは「swell_cihld」というファイルです!

②Cocoonからの乗り換えサポート用のプラグインを導入

次に、SWELLのマイページにログインして、「SWELL製品ページへ」をクリックします。

SWELL製品ページへ

そこからCocoon用の乗り換えプラグインをダウンロードしましょう。

プラグインをダウンロード

そしたら、Wordpressに移動し、「プラグイン > 新規追加」からプラグインをアップロードします。

プラグインのアップロード
ガオのアイコン画像ガオ

忘れずに有効化しておきましょう!

③不要なプラグインを調整

ここまで来たら、次はプラグインの調整です。

SWELLに不要なプラグインや、相性の悪いプラグインを無効化していきます。

SWELLに不要なプラグイン
  • Lazy Load
  • Speech bubble
  • Table of Contents Plus
  • WordPress Popular Posts

上記のプラグインはSWELLの標準機能と被るので、有効化しなくてOK。

続いて、SWELLと相性の悪いプラグイン。

SWELLと相性の悪いプラグイン
  • Autoptimize
  • EWWW Image Optimizer

上記2つは不具合が確認されているので、無効化しておくのが無難でしょう。

画像圧縮を「EWWW Image Optimizer」で行っていた方は、「TinyPNG」で圧縮すればOK(外部の無料サービス)。

④SWELL-CHILDを有効化

ここまで来たら、ダウンロードしたSWELLを有効化していきます。

親テーマと子テーマがありますが、有効化するのは子テーマ(swell-child)だけ

swell-childを有効化

これでSWELLの導入は完了です。

ガオのアイコン画像ガオ

お疲れ様でした!

⑤細かい記事の手直し

そしたら、細かい記事の手直しをしていきましょう。

基本的に、デザイン等は大きく崩れませんが、気になる部分はあると思うので。

この時点で、テーマを一度戻したいという方がいたら、Cocoonを有効化すればOKですよ。

⑥乗り換えサポート用プラグインを削除

記事の手直しが完了したら、乗り換えサポート用のプラグインを削除しましょう。

有効化している意味はないですし、何よりサイトが重くなります。

なので、SWELLに合わせて記事を手直ししたら無効化してOK。

CocoonからSWELLにテーマ移行する際の注意点

テーマ移行する際の注意点

最後に、テーマ移行の注意点。

乗り換えサポート用プラグインのおかげで、基本的に型崩れなしでテーマ移行は可能です。

が、ショートコードなどオリジナルに設定したコードは、引き継ぐことはできません

引き継げるのはCocoonに備わっている基本的な機能だけとなります。

場合によってはメタディスクリプションも

Cocoonの機能でメタディスクリプションを書いていた場合、そのままSWELLに引き継ぐことはできません。

なので、「SEO SIMPLE PACK」などのプラグインに引き継ぎましょう。

Cocoonではなく、「All in One SEO Pack」でメタディスクリプションを書いている方は、プラグインが有効化されている限り問題ありません。

CocoonからSWELLへのテーマ移行は楽ちん

CocoonからSWELLへのテーマ移行は楽ちん

本来、テーマ移行をすると、デザインが大きく崩れ手直しが大変。

が、SWELLであればテーマ移行のサポート機能があり、大きな型崩れはしません。

当サイト『ガオのノート』も下書きを含め、500記事以上あったので、非常に助かっています。笑

開発者の了さんともお話していますが、デザイン性が高く常に進化する優良なテーマなので、参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる