Googleアドセンス審査に落ちる14の理由【連絡が来ない&遅い時の対処法あり】

Googleアドセンス審査に落ちる14の理由【連絡が来ない&遅い時の対処法あり】ブログ
  • Googleアドセンス審査に落ちるんだけど何が原因か分からない..
  • 審査に申請したけど、全然連絡が来ません

こんな悩みを解消します。

 

結論、本記事で対策すればOK

 

かなり多くGoogleアドセンスの審査に落ちた方を見てきたので、その原因を14個にまとめて記事にしました(430名の方にご協力頂きまとめた)。

 

その上で「Googleから連絡が来ない時に使える対処法」や、「Googleアドセンス審査でよくある質問」もあらかじめ記載しています。

 

Googleアドセンス審査に合格すればマネタイズの幅も広がり、記事を書くのが楽しくなるので、本記事で対策をして審査合格を目指しましょう。

 

記事の内容

  • Googleアドセンスとは
  • Googleアドセンス審査に落ちる14の理由
  • Googleアドセンスの審査は遅い?
  • Googleアドセンス連絡が来ない場合の対処法
  • Googleアドセンスでよくある質問

 

記事の信頼性

当サイト『ガオのノート』はGoogleアドセンスの審査に1発合格をしており、本記事の作成ではGoogle合格者「430名様」にご協力を頂いています(合格できなかった経験がある方も多数)。

 

スポンサーリンク

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは、記事内に広告を配置し、読者がクリックをすると報酬が発生するサービス

 

ですが、全員が利用できるわけではなく、自身のブログをGoogleの審査に出し許可を貰う必要があります。

 

Googleアドセンスで稼げる目安

Googleアドセンスでは広告1クリックで平均30円と言われています。

 

そして、ジャンルにより大きく変化しますが、広告のクリック率は平均で1%。

  • 1クリック:30円
  • クリック率:1%

 

嚙み砕くと、100人に1人が広告をクリックし30円の報酬が発生するといった感じ。ただ、ジャンルや書き手のスキルによって大きく変動するので、あくまでも目安です。

 

ガオ
ガオ

実際に、Googleアドセンスだけで月7桁以上を稼ぐ人も多くいますよ!

 

Googleアドセンス審査に落ちる14の理由

Googleアドセンス審査に落ちる13の理由

では、本題。Googleアドセンスに落ちる人に共通する項目を14個にまとめました。

  1. SSL化されてない
  2. サイトマップがない
  3. お問い合わせがない
  4. 記事数が少なすぎる
  5. 文字数が少なすぎる
  6. コンテンツの質が低い
  7. コピーコンテンツがある
  8. ポリシー違反をしている
  9. アフィリエイトリンクが多い
  10. プライバシーポリシーがない
  11. 記事が全然更新されていない
  12. 独自ドメインを取得していない
  13. 日記系のブログを運営している
  14. 著作権に触れる画像・動画がある

 

順に解説します。

 

SSL化されてない

SSL化はサイトのセキュリティ対策で、「http」から「https」に変える作業

GoogleはこのSSL化を結構重視していて、SSL化されてないと評価しないと表明しています。

 

Googleアドセンス審査に落ちた方で、SSL化をして最審査を受けたところ即合格した方もいました。

 

関連記事 エックスサーバーでWordPressをSSL化(http→https)する方法

 

サイトマップがない

サイトマップは、サイト内の記事をリスト化したもの(サイト内の地図みたいな感じ)。

事実、ご協力頂いた方の中には「サイトマップを作成して再審査を受けたら合格した」という方が十数人いました。

 

サイトマップの作成はSEO対策でも有効ですので、早い段階で作成しておきましょう。

 

関連記事 サイトマップとは?作成方法を公開【ブログ開始初月から上位に表示されよう】

 

お問い合わせがない

また、お問い合わせフォームの設置も大切。

これにより誰がサイトを運営しているかを確認も可能になり、サイトの透明性を上げることができます。

 

お問い合わせを設置せずに審査に通った方もいますが、お問い合わせを設置しただけで再審査に合格した方もいますので、設置しておく方が良いです。

 

また、サイトを運営しているとお問い合わせから仕事が舞い込むこともありますよ(「ブログ運営報告!3ヵ月目のpv数と収益を公開」で来た仕事の内容を書いています)。

 

記事数が少なすぎる

厳密に言うと記事数は関係ありません。

が、記事が多い方がGoogleは「この人は記事数が多く、長く運営しそうだから広告の権利を挙げても良いかな」となります(記事数が少なすぎるとGoogleにメリットが少ない)。

 

ちなみに430名の方にご協力頂いたところ、合格者は平均で「9.1本」の記事を書いていました。

 

その中から何名かを参考に抜粋するここんな感じ。

 

ぜひ、サイトに訪問して記事を参考にしてみましょう。

 

文字数が少なすぎる

文字数は審査に大きく関係しませんが、一定上の量がないと「質が低い」と判断されてしまいます。

目安としては2,000字

 

1,000字程度の記事でも合格可能ですが、合格した後もその文字数で戦うのは正直無謀。検索上位の記事は普通に1万字とかありますからね。

 

文字数は大切ではないですが、記事に網羅性を出すことは大切なので、最初の内から2,000字程度を目安に書いておくと良いでしょう。

 

関連記事 ブログ記事の文字数とSEO関係はある?【結論:必要なのは網羅性】

 

コンテンツの質が低い

コンテンツの質はGoogleが最も求める要素

正直、記事数や文字数が少なくても質が高いと、Googleアドセンスの審査は通ります。

 

ホイケル
ホイケル

…『質が高い』って抽象的すぎるのね。

と思う方に向けて、Googleの発言をまとめた記事を書いてますので、続きは下記をご覧下さい。

>>ブログで『質の高い記事』を書く13の条件【質の低い記事になってませんか?】

 

コピーコンテンツがある

記事を書く際、コピーコンテンツはご法度。

他人の記事をコピーするのもアウトですが、自分の記事をコピーするのもアウト

 

つまり、記事をテンプレ化して毎回同じような表現を使用し続けると「あ、このサイトは質が低いぞ」とGoogleに思われてしまいます。

 

他人はもちろん、自分のコピーもアウトです。

 

ポリシー違反をしている

また、大前提としてGoogleの禁止事項を破ってはいけません。

 

具体的には下記のようなジャンルで記事を書いている場合、記事にGoogleアドセンス広告を貼ることができません(審査も基本受からない)。

  • 暴力
  • 詐欺
  • タバコ
  • 処方箋
  • 誹謗中傷
  • アダルト
  • ギャンブル
  • 著作権侵害
  • 武器・兵器
  • アルコール

 

これらは「Googleアドセンスヘルプ」に記載されている項目をまとめたもの。Googleアドセンスでマネタイズしたい場合は、禁止されているジャンルの記事は避けましょう。

 

関連記事 Googleアドセンス18の禁止事項【それ規約違反かも?】

 

アフィリエイトリンクが多い

また、多少ならOKですが、アフィリエイトリンクが多いと落ちる可能性あり。

Googleの立場で考えれば当たり前ですが、自分以外の会社の案件をベタベタ貼ってるサイトに許可は出したくないですよね。

 

ただ、常識の範囲でアフィリエイトリンクが貼ってあれば審査には影響は出ません(私もリンクありで合格しています)。

 

プライバシーポリシーがない

サイトにはプライバシーポリシーも設置しましょう(個人情報をどう取り扱うかを明記する記事のこと)。

プライバシーポリシーを設置した後、再審査で合格した方も多くいますよ。

 

というか、そもそも個人情報保護法でプライバシーポリシーの設置は義務付けられていますので、何かあった時に大変。

 

記事が全然更新されていない

審査のために、記事の更新頻度も一定は保ちましょう。

1週間に1回くらいの更新頻度であれば全然OKですが、2,3ヵ月に1回だとGoogleから評価されにくいです。

 

すると「あ、このサイトはやる気ないし、広告の権利をあげてもメリットないな」と認識され兼ねません。

独自ドメインを取得していない

また、審査には独自ドメインを取得して臨みましょう。

一部例外もありますが、基本的には独自ドメインでの審査となります。

 

独自ドメイン取得と言っても1年で1,000円程度のコストですし、ほとんどの方は取得していますので、土台はしっかりと作りましょう。

>>独自ドメイン取得でおすすめのサービス3社【失敗しない決め方あり】

 

日記系のブログを運営している

Googleアドセンスの審査では誰かの悩みを解決できる質の高い記事が求められているため、日記系のブログだと合格は難しめ。

仮に合格できても、有名人でもない限りアクセスUPは非常に難しい上、マネタイズも難易度が高いです。

 

ブログで収益化を目指すのであれば、何かテーマを決めて悩みを解決できる有益な記事を書きましょう。

 

著作権に触れる画像・動画がある

これはGoogleアドセンス審査に限らずですが、著作権に触れる画像や動画はNG。

特に、記事を書く時に画像を使用すると思いますが、基本はフリー素材を使用するか自作するかです。

 

「画像選びで手間取りたくない」という方は「Shutterstock」を使用しましょう(稼いでいる多くのブロガーさんが使用している)。

 

「時間がかかってもフリー素材から自力で探す」という方は、下記の記事をご活用下さい。

>>Unsplashの使い方!商用OKのフリー素材サイト【ブログにも】

 

Googleアドセンスの審査は遅い?

Googleアドセンスの審査は遅い?

Googleアドセンスの審査ですが、実は人によって大きく審査期間が変化します。

  • Aさん:2時間
  • Bさん:3日間
  • Cさん:2週間

 

審査期間の基準はコンテンツの質。中でも1つのテーマに特化したサイトは審査が早く合格率が高い傾向にあります。

 

雑記ブログは少し不利

一方で、カテゴリーを気にせず記事を書く雑記ブログはサイトの審査に時間を要することが多いです。

 

私はブログ開始1週間で32記事ほど書きなぐって、Googleアドセンスの審査を受けたのですが、10日間の審査期間を要しました。

 

協力頂いた方の中で最も早いスピード合格をしていたのは「わずか20分」。当時の記事数は3本で全部同じカテゴリーで質も高い記事でした。

 

Googleアドセンス連絡が来ない場合の対処法

Googleアドセンス連絡が来ない場合の対処法

Googleアドセンスの審査を受けたけど、連絡が全然来なくて不安..

という方も中にはいますよね。

 

実際に私も同じ気持ちでしたが、ある行動をとったところ、翌日の連絡が来て合格することが出来ました。

 

ある行動=お問い合わせ

ある行動とは、Googleに問い合わせること

私もそうでしたが、実際に多くの方が問い合わせ後にGoogleアドセンス審査の結果が届いています。

 

100%効果があるわけではないですが、2週間くらい経過して不安であれば問い合わせてみるのも手ですね。

 

ガオ
ガオ

ただ、時間を要しても「合格・不合格」の連絡はちゃんと来ます!

 

Googleアドセンスでよくある質問

Googleアドセンスでよくある質問

最後に、Googleアドセンス審査でよくある質問。

  • pv数は関係ある?
  • はてなブログだとダメですか?
  • 有料テーマでないと受からない?
  • サイトの運営期間は関係ありますか?
  • 14個の条件を完璧に満たさないとダメ?

 

順に回答します。

 

pv数は関係ある?

結論、関係なし

ご協力頂いた方の中には、pv数が「0」でGoogleアドセンス審査に合格した方も普通にいます。

 

pv数よりも上記で紹介した14個の項目を満たす方が有効ですね。

 

はてなブログだとダメですか?

これは問題なし

が、はてなブログでGoogleアドセンス審査に合格することは可能ですが、その後で苦労する方が非常に多いです。

 

はてなブログでは稼げず、最終的にはWordpressでブログを始める方が多いので、初めからWordpressで挑戦することをオススメします。

>>はてなブログとワードプレスはどっちが良い?違いを比較【784人にアンケート】

 

ちなみに中には「はてなブログからWordpressに変えたら、Googleアドセンスに受かった」という方もいました。

 

有料テーマでないと受からない?

結論、無料テーマでもOK

ただ、はてなブログと同じくですが、合格した後に苦労することが多いです。

 

有料テーマだと専門知識なしでサイトのデザインや、記事の高度な装飾ができたり、SEOにも強かったりと機能性が比になりません。

 

私は12個のWordpressテーマを使用しましたが、中でも「AFFINGER」はデザイン性・機能性・SEOも最強クラスなのでオススメ

 

関連記事 アフィンガー5(AFFINGER5)の評判・感想【メリット・デメリット】

 

サイトの運営期間は関係ありますか?

これは関係なし

サイトの運営期間よりも、記事の質の方が重視されています。

 

事実、ブログ開設1週間でGoogleアドセンス審査に合格した方もいますよ。

 

14個の条件を完璧に満たさないとダメ?

これは「NO」。

というのも、Googleアドセンスの審査は完全なるブラックボックスで、0記事で合格する人もいるほどだから。

 

明らかに「それ手違いだろ..」と思われるような事案もあるため、絶対ではないです。ただ、本記事で紹介した14個の条件を満たすと「合格率が著しく上がるよ」ということです

 

Googleアドセンス審査に落ちる14の理由:まとめ

Googleアドセンス審査に落ちる13の理由:まとめ

  1. SSL化されてない
  2. サイトマップがない
  3. お問い合わせがない
  4. 記事数が少なすぎる
  5. 文字数が少なすぎる
  6. コンテンツの質が低い
  7. コピーコンテンツがある
  8. ポリシー違反をしている
  9. アフィリエイトリンクが多い
  10. プライバシーポリシーがない
  11. 記事が全然更新されていない
  12. 独自ドメインを取得していない
  13. 日記系のブログを運営している
  14. 著作権に触れる画像・動画がある

 

Googleアドセンスはブロガーの登竜門みたいなもので、合格するとマネタイズの幅も広がります。

本記事の14個の条件を満たすと合格率は跳ね上がりますので、ぜひ1つずつ対策してみて下さい。

 

また、「本記事を参考にして受かった」という方は、下記の条件を満たしTwitterでツイートして頂ければRTしてお祝いさせて頂きます!(フォロワー数1万人超えなので、多くの方にお祝いされるはず)

  • ツイートに記事のURL(https://gaosnote.com/pass-googleadsense)を貼る
  • ツイートに(@gaolifehack)とメンションする

 

ガオ
ガオ

Googleアドセンスの審査突破に向けて頑張りましょう!

 

トップへ戻る☝

 

人気記事 WordPress(ワードプレス)ブログおすすめのテーマ7選【機能を比較】

人気記事 検索順位チェックツールGRC【ブログで稼ぐなら必須のツールです】

 

テーマならAFFINGER
AFFINGER

Wordpressテーマで悩んでいるなら、AFFINGERをオススメします。

料金は「14,800円」の1回買い切りで、AFFINGERに変更してからpv数が増えた人が続出するほどの優秀なテーマ。

今なら「詳細ページ」から購入すると限定特典が付きますので、ぜひご活用下さい。

>>AFFINGERのメリット・デメリット

コメント

プロフィール

ガオの顔

ガオ
現在21歳。ブログ開始5ヵ月で新卒の平均給料を達成。当サイト『ガオのノート』ではブログにおける有益かつ再現性の高い情報を発信しています。

【 実績 】

  • 3ヵ月で14万pv
  • 書籍出版の依頼
  • 5ヵ月で収益20万
  • 5ヵ月でフォロワー数1万人

>>ライティング依頼はこちら

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました