Twitterツイートをブログに埋め込むのは著作権違反?【ブログ引用のルール】

ツイートの埋め込みは著作権違反?方法と注意点ブログ
スポンサーリンク
  • 他の人のツイートを記事に埋め込んでも大丈夫なの?
  • 著作権違反にならない?

こんな悩みを解消します。

 

結論、問題なしです。

が、本記事で紹介するルールを破ると著作権違反になるので注意が必要です。

 

今回はツイートをブログに埋め込む方法とその際の注意点を2つ解説します。

 

本記事を参考にすると、安全にツイートをブログに埋め込むことができます。

 

記事の内容

  • ツイートをブログに埋め込むのは著作権違反?
  • ツイートをブログに埋め込む方法
  • ツイートをブログに埋め込む時の注意点
スポンサーリンク

ツイートをブログに埋め込むのは著作権違反?

ツイートをブログに埋め込むのは著作権違反?
繰り返しですが、問題なしです。

自分のツイートはもちろん、他人のツイートを埋め込んでも問題はありません。

 

もっと言うと、フォロワーさんである必要もありませんし、許可を取る必要もありません。(許可を取った方が気持ちよくはある)

 

ツイートの埋め込みが著作権違反にならない理由

これは単純で、Twitterの利用規約で明記されているからです。

 

下記はその引用です。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信、投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(他のコンテンツに組み込まれたユーザーの音声、写真および動画もユーザーのコンテンツの一部と考えられます)の所有権はユーザーにあります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が, 既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。

Twitterサービス利用規約

 

要約すると「ツイート自体はユーザーのものだけど、Twitter社はそれを好きにできるよ」です。

 

つまりは、ブログに埋め込みをしても、Twitterの延長線上として捉えるわけです。

 

ブログにツイートを埋め込むのはRT

もっと簡単で極端なイメージにすると、ブログにツイートを埋め込むことはRTと同じということです。

 

RTをいちいち本人に許可を取ってしますか?

私はしません。

 

ツイートの埋め込みは独自性を出す方法としても、注目されているので、うまく活用したいところですね。

関連記事 記事に独自性を出す6つの方法と注意点




ツイートをブログに埋め込む方法

ツイートをブログに埋め込む方法

これはスーパー簡単。

手順はこちら。

  1. ツイートURLをコピー
  2. 記事に貼り付ける

 

以上です。

写真付きで解説していきますね。

 

ツイートURLをコピー

コピーの手順はこんな感じ。

  1. 右上の「∨」をクリック
  2. 「ツイートを埋め込む」をクリック
  3. 「copy code」をクリック

 

ツイート右上の「∨」をクリックすると下記の画面になるので、その後「ツイートを埋め込む」をクリックします。

Twitter

 

すると次は下記の画面になるので、「copy code」をクリック
コピー

 

記事に貼り付ける

ここまで来たら、あとは記事の貼り付けるだけ

 

こんな感じに表示されます。

ツイートをブログに埋め込む時の注意点

ツイートをブログに埋め込む時の注意点

冒頭でも言いましたが、ツイートはルールを間違えると著作権に違反します。

 

それも含め、2つ注意点を紹介します。

  1. スクショは著作権に触れる
  2. リンク切れはユーザビリティが低下する

 

順に説明していきます。

 

スクショは著作権に触れる

上記で説明した埋め込みは問題ありませんが、スクリーンショットをブログに貼り付けるのは著作権に違反します。

なので、ツイートを引用する際は必ず、埋め込みの機能を使用しましょう。

 

ちなみにブログは引用のルールが他にもあり、孫引きなども禁止されています。(意外と違反している人が多い)

 

「ん?」となった方は下記の記事を見ておくことをオススメします。

>>【引用10の注意点】法律・SEO上のルールあり

 

リンク切れはユーザビリティが低下する

また、正常に埋め込んでも、もとのツイートが削除された場合はリンク切れを起こします

 

すると、記事には文字列のみが表示されるため、ユーザーは意味が分かりません。

なので、ユーザビリティが低下してしまいます。

 

ユーザビリティはGoogleも重視する観点なので、注意しましょう。

 

ツイートをブログに活用しよう

まとめ
ツイートの埋め込みは独自性を出す上でも注目されており効果的ですが、ルールもあるので、しっかり守って活用しましょう。

 

また、他の役に立つブログ記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

ブログ記事一覧へ≫

 

人気記事【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

 

トップへ戻る☝

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました