ブログ記事を早く書く7つのコツ!〇時間なら早い!【605人にアンケート】

ブログ記事を早く書く7つのコツブログ
スポンサーリンク
  • 記事を書くのに時間がかかる..
  • 記事を早く書くコツを知りたい

こんな悩みを解消します。

 

記事を書くのに時間がかかると、中々更新もできず、書くのがイヤになってきますよね。

 

私も最初は4~5時間をかけてましたが、今では最短30分で書きGoogleオススメ記事に掲載されるまでになりました。

 

今回はそんな”記事を早く書くこく7つのコツ”を紹介します。

 

本記事を参考にすると、記事を早く書くコツを知ることができます。

 

記事の内容

  • ブログを早く書くとは
  • ブログ記事を早く書く7つのコツ
  • ブログ記事を早く書く上での注意点
  • ブログ記事を早く書くとよくあるツッコミ

 

記事の信頼性最短30分で記事を完成させ、Googleオススメ記事に掲載されています。
スポンサーリンク

ブログ記事を早く書くとは

ブログ記事を早く書くとは

「ブログ記事を早く書く」と言っても、具体的にどれくらいで書けば、早いのかが分かりませんよね。

 

なので、アンケートを実施し、605人のブロガ-さんに回答頂きました

 

2時間で書ければ早い

  • 1時間未満:6%(36人)
  • 1~3時間:43%(260人)
  • 3~5時間:29%(176人)
  • 5時間以上:22%(133人)

 

これを見ると実は、5時間以上かけている方も結構います。

なので、2時間で書ければ十分に早いと言えるでしょう。

 

ちなみに私は「5時間以上」に該当していましたが、今は「1時間未満」に該当します。

 

では、いきましょう。

 

ブログ記事を早く書く7つのコツ

ブログ記事を早く書く7つのコツ前置きはなしに、結論からいきましょう。

 

下記が”早く書くコツ“です。

  1. 記事ネタは日常生活で探す
  2. 文章をいきなり書き始めない
  3. 作業時間を設定する
  4. 外部情報を遮断する
  5. レイアウトは後回し
  6. とにかく量をこなす
  7. テンプレを作る
  8. 最も大切なこと

 

では、順に解説していきます。

 

記事ネタは日常生活で探す

記事ネタはPCの前ではなく、日常で考えましょう

この時に使うのは、記事を書く時のようなロジカルな思考ではなく、クリエイティブな思考です。

 

クリエイティブな思考は座っている状態ではなく、下記のような状態でこそ冴えわたります。

  • 身体を動かしている時
  • ジャワ-をしている時
  • ボーっとしているスキマ時間

 

記事ネタは常に考え、ストックしておきましょう。

 

私は下記の記事を用いて、ストックを1,000以上抱えています(もう数えてない)。

>>ブログ記事ネタの探し方【ブログネタがない?1ヵ月で117記事を書いた方法】

 

私はこの時点で、『狙うキーワード』『記事の構成』も一緒に考えます。それ故の30分です。

 

文章をいきなり書き始めない

ブログ記事はいきなり書き始めるのではなく、骨格から作りましょう

 

手順としてはこんな感じ。

  1. 記事の構想を決める
  2. 大枠を書く
  3. 細かい部分を書いていく

 

具体的に言い換えると..

  1. キーワード選定をする
  2. <2>&<3>要素を書く
  3. 文章を埋めていく

 

このようにまずは骨格を決め、その後に文章を埋めていきます。

でないと、途中で話がそれたり、何を書いているのか分からなくなります。

 

『1に骨格、2に文章』です。




作業時間を設定する

人間は期限を決めないとだらけでしまう生き物なので、作業に使う時間を設定してきましょう。

 

「私は自制心が弱いし..ダメなヤツだ..」

と思ったこともあるかもしれませんが、人間は感情で動くので、世の常識や理論では抑制できません。

 

なので、自分を縛るシステムが必要

 

タイマーで時間を設定して、目の前に置いてやると効果的です。

 

外部情報を遮断する

また、決めた作業中は外部情報を遮断しましょう。

 

外部情報とはこんなもの。

  • スマホ
  • テレビ
  • 漫画
  • Googleアナリティクス

 

PCを開いてるのに、ずっとTwitterやGoogleアナリティクスを眺めてませんか?

 

せっかく作業時間を設定しても、外部の誘惑があると生産性が低下します。

急用でもなければ、一旦遮断しましょう。

 

レイアウトは後回し

記事を書く時は、画像・装飾・修正は後回しにしましょう。

 

骨格を決めたら、とにかく文章を書き出します。思ったことはすべて書いてください。

その後に、文章を圧縮することで情報を濃密にし、ついでに装飾もします。

 

当サイト「ガオのノート」では、不要な部分は徹底排除し、常に要約の要約を心がけています。

 

画像

画像選びに時間がかかる..

こんな方にはShutterstockがオススメ。

 

有料のフリー画像サイトですが、無料とは桁違いの画像数で、他人と被ることもなくスムーズな画像選びが可能になります。

 

\NY発!4,000万点越えの画像素材/
Shutterstock ≫

 

画像選びに1時間以上かかる方も結構数いたので、対策すればかなりの時短になります。

 

とにかく量をこなす

記事を書くスピードを上げる一番の方法はとにかく量をこなすことです。

書けば書くほどに、自分の文体も固定されていきますし、タイピングも早くなります。

 

記事の質を上げる意味でも、たくさん書くことは大切なので、量をこなしましょう。

 

テンプレを作る

最も高速化できるのは自分のテンプレートを作成することです。

毎回同じ形で書けるので、スピードは上がりますし、安定した記事を書くことができます。

 

なので、私の場合はこんな手順を踏んでいます。

  1. キーワード選定をする
  2. テンプレをコピー
  3. 下書きに貼り付け
  4. <2>&<3>要素を書く
  5. 文章を埋めていく

 

ちなみに私はテンプレを作りその通り書くことで、30日近く連続でGoogleのオススメ記事に掲載されています(品質が安定するということ)。

 

最も大切なこと

これはコツではありませんが、とても大切。

それは『100点の記事を書く必要はない』ということ。

 

イメージとしては、80点くらいでもいいので記事を出しましょう。

1ヵ月待って順位を確認して、読者からフィードバックを貰って修正し、そこで始めて100点の記事になります。

 

そもそも記事の点数を決めるのは、あなたではなく読者ですよね。

 

ブログの利点は直せること。利点は活用しましょう。

 

ブログ記事を早く書く上での注意点

ブログ記事を早く書く上での注意点

早くブログを書く上で知っておくべき注意点があります。

 

それが下記の3つ。

  1. キーワード選定で手抜きはNG
  2. テンプレは骨格だけにする
  3. ブラインドタッチにこだわらない

 

順に解説します。

 

キーワード選定で手抜きはNG

記事を早く書くにしても、キーワード選定で手抜きはNG

 

企業サイト・広告だらけのキーワードや、逆に検索されないキーワードで記事を書いても意味がないです。

ここを怠ると記事を書く前から、記事が死にます。

 

キーワード選定に関して詳しくは、下記で解説しています。

>>SEOキーワード選定のやり方を5つの手順で解説




テンプレは骨格だけにする

テンプレを作る際には、文章までテンプレにしないことです。

 

骨格なら良いのですが、文章をテンプレ化するとGoogleに重複コンテンツ扱いされてしまいます。

  • 検索結果から消える
  • 評価が分散される
  • ペナルティ対象になる

 

などなど、悲惨な目に..

 

ちなみに、リード(冒頭)文のテンプレは下記の記事にて無料で公開しています(Google砲を36発被弾したもの)。

>>ブログのリード文を書く7つの公式

 

ブラインドタッチのこだわらない

記事を早く書くために、「ブラインドタッチを習得しなきゃ」と思う方もいるかもしれません。

が、正直ほぼ関係なし(できるに越したことはない)。

 

こだわる部分は記事のスピードと質を上げることであり、本質はそこにありません

 

ちなみに私もブラインドタッチはできませんが、最短で30分、平均でも1時間程度で記事を書けます。

 

ブログ記事を早く書くとよくあるツッコミ

ブログ記事を早く書くとよくあるツッコミ

最後にブログを早く書くとよくあるツッコミを紹介します。

 

早く書くと質が落ちるでしょ

記事の質は時間と関係なしです。

 

1週間かけた記事がほぼ読まれず、1時間くらいで書いた適当な記事が多く読まれるなんてことはザラにあります。

 

読む記事の執筆時間を気にしますか?というお話。

 

記事の質については下記で愚弟的に言語化しているので、ご活用下さい。

>>質の高い記事とは?Google公言11の評価項目

 

早く書くって文章だけのこと言ってるやろ

本記事で私が最短30分で記事を書くと言ったのは、「文章・装飾・画像選び」すべてを含めた時間です(字数は3,000字ほど)。

 

繰り返しですが、下記のことを徹底しただけ。

  1. 記事ネタは日常生活で探す
  2. 文章をいきなり書き始めない
  3. 作業時間を設定する
  4. 外部情報を遮断する
  5. レイアウトは後回し
  6. とにかく量をこなす
  7. テンプレを作る

 

ちなみに本記事は、「1時間10分」ほどで作成しました(3,700字ほど)。

 

いきなり早くなる魔法ではないですが、確実に効果はあります。

 

ブログ記事を早く書くコツ:まとめ

まとめ
記事が早く書けると生産性も上がり、場数も踏めるめどんどん進化できます。

それにモチベーションも上がるので、できるところは高速化していきましょう。

 

また、他の役に立つブログ記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

ブログ記事一覧へ≫

 

ちなみに30分で書いてGoogle砲に被弾した記事は下記の記事です。

>>ブログに疲れたら休みましょう【休むべき3つの理由とやるべき3つのこと】

 

 

人気記事 【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

 

トップへ戻る☝

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました