当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

【爆速】ブログ記事を早く書く7つコツ【書く時間を605人にアンケート】

悩む人のアイコン画像悩む人

  • 記事を書くのに時間がかかるので、早く書くコツが知りたい
  • 他のブロガーは1記事書くのに、どれだけの時間がかかるのかな

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 記事を書く時間を605人にアンケート
  • ブログ記事を早く書く7つのコツ
  • ブログ記事をさらに早く書く5つのコツ
  • ブログ記事を早く書く上での注意点
当サイト『ガオのノート』運営者について
記事の信頼性

当サイト筆者は本記事の方法で記事を書くスピードを5時間から1時間まで早めています(最短30分)。

記事を書くのに時間がかかると、ブログの更新頻度も過疎になり、文章を書くのが面倒になってきますよね。

僕も最初は1記事書くのに5時間かかっていましたが、今では最短30分で書きGoogleのオススメ記事にピックアップされるまでになりました。

そこで今回は「ブログ記事を早く書くコツ」を解説し、「記事を書く時間を605人にアンケート」した結果をシェアします。

本記事を参考にすると、記事を書くスピードをグンと上げることが出来ますよ。

ガオのアイコン画像ガオ

本記事を参考にして「記事を書くのが早くなった」と多数ご報告頂いているので、ぜひご活用下さい!

《 当サイト使用テーマ 》

目次

ブログ記事を書く時間を605人にアンケート

ブログ記事を書く時間を605人にアンケート
ブログ記事を書く時間を605人にアンケート

まずブロガーが記事1本を書くのに要する時間を確認していきましょう。

605人にアンケートをした結果は以下の通り。

ブログ記事を書く時間を605人にアンケート

最も多いのが1~3時間でした。

記事は2時間で書ければ早い

次にアンケート結果を数値化します。

  • 1時間未満:6%(36人)
  • 1~3時間:43%(260人)
  • 3~5時間:29%(176人)
  • 5時間以上:22%(133人)

1本の記事を書くのに3時間以上かけている方(309人)も多くいるので、2時間で書ければ十分に早いと言えるでしょう。

僕は「5時間以上」に該当していましたが、本記事のコツを意識し「1時間未満」で記事を書けるようになりました。

ガオのアイコン画像ガオ

では、ブログ記事を早く書くコツを見ていきましょう!

ブログ記事を早く書く7つのコツ

ブログ記事を早く書く7つのコツ
ブログ記事を早く書く7つのコツ

ブログ記事を早く書くコツは以下7点。

  1. 作業時間を設定する
  2. 外部情報を遮断する
  3. スキマ時間を活用する
  4. 先に文章構成を決める
  5. 記事のテンプレを作る
  6. 100%で記事を書かない
  7. たくさん書いて量をこなす

順番に解説しますね。

①作業時間を設定する

記事を書く時は作業時間を設定するのがオススメ。

人間は期限を決めないと、だらけてしまう生き物なので、終わりを設定して時間を有限にするべき。

作業時間の設定にはタイマーを使えばOK。スマホのタイマーでも良いので、自分を縛りましょう。

集中力を上げる魔法のテクニック

作業時間は「作業25分&休憩5分」のサイクルを適用するのがオススメ

これはポモドーロ・テクニックといい、人間の集中力を最大化する時間管理テクニックです。

集中力に自信がない方はぜひ試してみて下さい。

②外部情報を遮断する

作業は時間を設定し、外部情報も遮断すべき。

記事を書きながらTwitterやアナリティクス、ASPの成果画面を見た経験はありませんか?

外部情報
  • TVや漫画
  • ASPの成果画面
  • TwitterやInstagram
  • アナリティクス画面

外部情報に気を取られていると、生産性が著しく低下するので、設定した時間内は記事のみに集中しましょう。

③スキマ時間を活用する

記事ネタや記事の構成はスキマ時間を活用して考えましょう。

  • 通勤や通学時間
  • トイレにいる時間
  • シャワーを浴びている時間

などなど。

身体が拘束されていても、思考は拘束されないので、考えることが出来ますよね。

スキマ時間に記事の構成が作れると、PCを開いてからいきなり文章を書けるので効率的ですよ。

④先に文章構成を決める

記事はまず文章構成を決めましょう。

いきなり文章を書き始めると、話があちこちに飛び、読者が読み進めにくい構成になってしまいます。

具体的な手順は以下の通り。

  1. 構成を考える(キーワード選定)
  2. 大枠を設計する(H2,H3を埋める)
  3. 文章を書いていく(肉付けをする)

ブログは設計部分で9割決まると言っても過言ではないので、しっかりと構成を決めてから文章を書きましょう。

⑤記事のテンプレを作る

記事のスピードを最も高速化できるのはテンプレートを作成すること。

毎回同じ形式で書けるので、時短になるのはもちろん、質の安定にも繋がりますよ。

僕は記事を書く手順と、記事の大枠の構成をテンプレート化しています。

ガオのアイコン画像ガオ

詳しくは別途記事にしています!

⑥100%で記事を書かない

記事は100%に拘らず、60%ほどの完成度でも公開しましょう。

というのも、記事は何度でも後からリライトをすることが可能なので、1発で100%の記事を書く必要はありません。

また、1発で記事の上位表示は難しいので、リライトで徐々に上げていくのが基本です。

ガオのアイコン画像ガオ

60%ほどの完成度でもOKなので更新して、リライトでジリジリ順位を上げていきましょう!

関連記事 保存版|内部・外部SEO対策のやり方【上位表示のポイント29選】

⑦たくさん書いて量をこなす

記事の書く速度を上げるには結局、たくさん書いて量をこなすのが一番。

量をこなすと文章の型が身に付き、ライティング力も上がってくるので

「そもそも書くのが苦手で、量をこなせない」という方は、有名ブロガーの大半が読む「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んで勉強しましょう。

ライティングを学んだ上で量をこなすと、文章がスラスラ書けるようになりますよ。

【爆速化】ブログ記事をさらに早く書く5つのコツ

【爆速化】ブログ記事をさらに早く書く5つのコツ
【爆速化】ブログ記事をさらに早く書く5つのコツ

上記7つを意識すれば記事を書くスピードはグンと上がります。

が、ここでダメ押し。ブログ記事を書くスピードをさらに爆速化するコツを紹介しますね。

  1. 環境を整える
  2. 画像選びを簡略化する
  3. 日頃からインプットをする
  4. ショートカットキーを覚える
  5. ブラインドタッチを習得する

順に見ていきましょう。

①環境を整える

集中するには環境も大切

例えば、雑音を遮断するために「AirPods」を使用したり、タイピングのしやすいキーボードを購入したり。

「自宅では集中力が続かない」という方は、近くのカフェやフリースペースなどに移動して作業するのもありですね。

ガオのアイコン画像ガオ

ちなみに僕は「PCスタンド」などを活用して、記事に集中できる環境を構築しています!

②画像選びを簡略化する

基本ブログには画像を挿入すると思います。

なので、記事を早く書くには、画像選びの時間を短縮するのも効果的。

無料のフリー素材サイトでもOKですが、有料の「PIXTA」を使うと、他人と画像が被らず時短になるのでオススメですよ。

③日頃からインプットをする

また、日頃のインプットも重要。

文章を書く時、頭に入っている情報が多い方が、スラスラ書くことが出来ます。

英会話の記事を書くと仮定した場合、英会話を体験している人と、していない人では前者の方が記事をスラスラ書けますよね(前者の方が質も高い)。

ブログはアウトプットの場なので、日頃のインプットを怠らないようにしましょう。

④ショートカットキーを覚える

ブログは効率を考えると、スマホよりPCを使って書くべきです。

なので、OSに合わせたショートカットキーを覚えるのが効果的。

Windowsであれば「Ctrl+C(コピー)」や「Ctrl+V(貼り付け)」、「Ctrl+Z(1回戻し)」などですね。

詳しくはInstagramで一覧化しているので、ぜひご活用下さい。

>>Macのショートカットキーまとめ

>>Windowsのショートカットキーまとめ

⑤ブラインドタッチを覚える

ショートカットキーの他に、ブラインドタッチも効果的。

ブログは1記事当たり数千字と文字を大量に書くので、タイピング速度を上げることはスピード向上に直結します。

ただ、本質はブラインドタッチなどの手段ではないので、記事を書くことに集中しましょう。

ブログ記事を早く書く上での注意点

ブログ記事を早く書く上での注意点
ブログ記事を早く書く上での注意点

ここまで記事を早く書くコツを12個紹介しました。

が、それよりも重要な注意点が3つあります。

  1. 文章はテンプレ化しない
  2. 記事のメンテナンスは絶対
  3. 記事を書く速度より質が大切

順番に解説しますね。

①文章はテンプレ化しない

まず文章のテンプレ化はNG。

文章構成や書く手順のテンプレ化は効果的ですが、文章のテンプレ化は重複コンテンツの原因になるので。

Googleから重複コンテンツ扱いされると、わりと悲惨な目に遭うので避けるのが無難ですよ。

②記事のメンテナンスは絶対

上記で「60%の記事で良い」と言いましたが、定期的なリライトをすることが前提条件です。

繰り返しですが、1発で上位表示は難しいので、リライトで徐々に順位を上げていきましょう。

記事の順位はしっかり追うべき

リライトをするためにも「GRC」で記事の順位をしっかりと追いましょう。

よく「ブログ初心者にGRCは不要」と言う人がいますが、これは危険。せっかくのデータを逃す行為なので、初心者こそ導入すべきですよ。

GRCは無料版もあるので、導入をオススメします。

>>GRCを無料で導入する

③記事を書く速度より質が大切

最後にぶち壊してすみません。

ですが、記事を早く書くことよりも、記事の質を高める方が大切です。

というのも、読者にとって”あなたがどれだけの時間を割いて記事を書いたか”はどうでもいい事だから

なので、時間をかけてでも質の高さを追求すべき。

ただ、一番は質の高い記事を早く書けること。本記事の存在意義はここですね。

ガオのアイコン画像ガオ

「記事を早く書く=手抜き」ではないので、注意して下さいね!

ブログ記事を早く書くコツ:まとめ

ブログ記事を早く書くコツ:まとめ
ブログ記事を早く書くコツ
  1. 作業時間を設定する
  2. 外部情報を遮断する
  3. スキマ時間を活用する
  4. 先に文章構成を決める
  5. 記事のテンプレを作る
  6. 100%で記事を書かない
  7. たくさん書いて量をこなす

記事は早く書くよりも、読者の検索意図を捉え、質を上げることが大切。

ただ、質の高い記事を早く書けるに越したことはないので、ぜひ本記事を活用してみて下さい。

また、サイトデザインの時短なら「SWELL」、カスタマイズやSEO対策の効率化なら「AFFINGER」がオススメですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる