当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

【残念】大学生で100万円を貯金した方法【意味がないので使いましょう】

悩む人のアイコン画像悩む人

  • 大学生の内に貯金しておきたいから、増やす方法を知りたい
  • ただ、大学生の貯金は意味がないという意見も聞くから、ついでに真相も知りたいな

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 大学生で100万円を貯金した方法
  • 大学生の貯金は意味がない理由
  • 【実体験】大学生で貯金を辞めたら収入が倍増した
記事の信頼性

当サイト筆者は7ヵ月で112万円を貯金しており、その後には月収100万円を達成しています。

当サイト筆者はバイトを繰り返し、大学1年生で貯金100万円を達成しました。

そして、その後『ある行動』に出たところ、最大で月100万円まで稼ぐことに成功しました。

そこで今回は「大学生で100万円を貯金する方法」に加え、「大学生の貯金は意味がないのか」を実体験から解説していきます。

本記事を参考にすると、大学生でもお金を稼ぐ方法が分かり、お金を増やす行動も理解することが出来ますよ。

目次

大学生で100万円を貯金した方法

大学生で100万円を貯金した方法
大学生で100万円を貯金した方法

大学生で100万円を貯金した方法は至ってシンプルで、バイトをひたすら繰り返しただけ

具体的には、以下のように毎月徐々に貯金額を増やしていきました。

大学1年生時
  • 3月:10万円
  • 4月:12万円
  • 5月:17万円
  • 6月:15万円
  • 7月:16万円
  • 8月:22万円
  • 9月:20万円

7ヵ月で合計112万円の貯金ですね。

毎月の支出を極限まで減らすことで、大学1年生時に貯金100万円以上を達成しています。

ガオのアイコン画像ガオ

通帳の数字が大好きだったので、増えていくのが楽しく『苦』はありませんでしたね。笑

7ヵ月で112万円を貯金した方法

話を具体的にします。

普通のバイトでは112万円も貯金できないので、時給の高い塾の講師をやりつつ、多様な副業に挑戦をしていました。

結果的に7ヵ月で200万円ほど稼ぎ、112万円が貯金になった感じですね。

大学生がバイト以外で稼ぐ方法は記事にしているので、興味のある方は以下をご覧下さい。

>>【暴露】大学生がバイト以外で稼ぐ方法11選【月収100万円超えの大学生が解説】

貯金しても何も変わらなかった

が、貯金をしても変化はありませんでした。

当たり前ですが、バイトは時間を切り売りして稼ぐので、お金を手に入れても時間を失います。

つまり、趣味や挑戦したいことに費やす時間が作れないんですよね。

なので、振り返った時に「何のために、今こんなに働いてるんだろう」と思い、僕は貯金のために生きる大学生活に終止符を打ちました。

大学生の貯金は意味がない理由

大学生の貯金は意味がない理由
大学生の貯金は意味がない理由

僕は100万円を貯金をした経験から、「大学生の貯金に意味はないな」と悟りました。

詳しい根拠は以下4つ。

  1. 貯金には利率がない
  2. 大学生は時間の方が貴重
  3. お金は使った方が増えやすい
  4. 大学生の貯金額はたかが知れてる

順番に解説しますね。

①貯金には利率がない

貯金をするだけではお金は増えません。

銀行にお金を預けていても、利率はほぼ0に近いので、増えて1円2円です。

日本円は比較的良い方ですが、お金の価値は変動します。なので、貯金額は不変でも、お金の価値が下がる可能性はあるわけです。

ガオのアイコン画像ガオ

銀行でお金を寝かせるのは、非常にもったいないですね..

②大学生は時間の方が貴重

大学生は時間に余裕のある時期。

日本で会社員になると、まとまった休暇は取れないので、大学生は『時間』こそが貴重な時期なわけです。

仮に60歳で1兆円の貯金を達成しても、20代の若い時間を取り戻すことは不可能。この点で、大学生という若く余裕のある時間はお金以上に価値があると言えます。

なので、後からでも稼げるお金より、時間がある『今』を有効活用する方が賢いよねという話。

③お金は使った方が増えやすい

また、皮肉なことにお金は溜めこむより、使った方が確実に増えやすいです。

銀行に貯金するとお金は死にますが、投資をすると大きくなって自分に返ってくるからですね(使い方によりますが)。

ただ、「株式に投資をしろ」という話ではなく、「経験や挑戦に投資をしよう」という話です。

後述しますが、7ヵ月で貯金した112万を自己投資に回したところ、1年後に月収100万円という形で返ってきました。

ガオのアイコン画像ガオ

メモの魔力」で有名な前田裕二さんも、若い頃はお金の大半を”敢えて”使うようにしていたそうですよ!

④大学生の貯金額はたかが知れてる

大学生の収入は基本的にバイトですよね。

身も蓋もないですが、正直バイトだけでは稼ぐと言っても、たかが知れています。

仮に、時給1,000円で毎日5時間働いても、月収はたったの15万円ほど。下手に働くと扶養の関係から税金が増え、逆に収入が減ることもあります。

毎月、少しづつお金を貯めてなさい。そうそれば、年末にはびっくりするでしょう。 あまりの少なさに。

– アーネスト・ハスキンズ 

上記の通りです。

これら4つの理由から、「大学生での貯金は意味がないので、経験や挑戦に投資をしよう」という結論です。

【実体験】大学生で貯金を辞めたら収入が倍増した

【実体験】大学生で貯金を辞めたら収入が倍増した
【実体験】大学生で貯金を辞めたら収入が倍増した

冒頭で「貯金を辞めて『ある行動』に出たところ、月100万円を稼ぐことに成功した」と言いました。

その『ある行動』とは以下3つです。

  1. 読書(月100冊読んだ)
  2. 海外旅行(40ヵ国に行った)
  3. ブログの開設(3つ立ち上げた)

上記3つに貯金した112万円を突っ込むことで、経験とスキルが身に付き、月100万円を稼ぐことに成功したわけです。

流れを解説しますね。

①読書

まず最初の投資は読書。

大学やバイトをサボり、1ヵ月100冊もの本を読み漁りました。

その結果、思考の手数が圧倒的に増え、翌月からは積極的に挑戦できる体制が整いました

100冊の内、その後に大きく影響を及ぼした本は以下でまとめています。

>>【人生を変える】大学生におすすめの本7冊【月100冊読む僕が紹介】

②海外旅行

次の投資は海外旅行。

世界40ヵ国100都市ほどに渡航しました。

多様な文化・価値観に触れることで発想の幅が広がり、英語力も身に付けることが出来ました

読書と海外旅行により、自分の中に大量の知識がインプットされたので、次に「アウトプットする場を探そう」と考えます。

③ブログの開設

そして、辿り着いたのがブログ。

大量にインプットした知識をTwitterやブログでアウトプットすることで整理し、同時に収益化をした感じですね。

結果、5ヵ月経過する頃には、Twitterのフォロワー数は1万人、ブログ収益は月30万円ほどになっていました。

ブログを始めることで、書籍出版や取材依頼などを頂いたり、就活でも引く手数多だったりと、冗談抜きで人生が変わっていますね。

投資から1年後に月100万円を達成

このように自己投資にお金を使い続け、1年経つ頃に月収100万円を達成しました。

大学生の内に投資をして稼ぐスキルを身に付けておくと、社会人になっても副業収入になるので、人生のハードルが下がりますよ。

大学生で貯金はもったいないので投資に回そう

大学生の貯金に意味はない理由
  1. 貯金には利率がない
  2. 大学生は時間の方が貴重
  3. お金は使った方が増えやすい
  4. 大学生の貯金額はたかが知れてる

大学生は時間こそが資本。

貯金をするのも楽しいですが、自己投資にお金を回す方が、将来の自分を大きく出来ます

大学生で貯金はもったいないので、全額と言わないまでも、月数千~数万円は自己投資にお金を回してみて下さい。

ガオのアイコン画像ガオ

ブログは8,000円~15,000円ほどで開始できるので、大学生の自己投資におすすめですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる