当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

【裏技】TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法【カンニング方法あり】

悩む人のアイコン画像悩む人

  • TOEICまで時間がないから、短期間で点数を上げる勉強法を知りたい
  • 努力とかなしにTOEIC点数を上げる裏技とかあれば教えて欲しい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • まずはTOEICを知ろう
  • TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法
  • TOEIC点数を2週間で250点上げた参考書
  • 【努力不要】TOEIC点数を上げる裏技
  • 合法的にTOEIC点数を上げるカンニング
記事の信頼性

当サイト筆者はTOEIC点数を2週間で250点上げ、その後には900点を達成しています。また、塾の集団授業で英語講師を3年間していた経験があります。

僕はTOEIC直前までやる気が起きず、勉強を放置していました。

が、その後、2週間の勉強でTOEIC点数を250点上げることに成功しています(625点→875点)。

そこで今回は「TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法」に加え、「TOEICの仕組みの穴をついた裏技やカンニング法」を紹介します。

本記事を参考にすると、短期間でTOEIC点数を上げることが出来ますよ(努力不要の裏技あり)。

目次

まずはTOEICを知ろう

まずはTOEICを知ろう
まずはTOEICを知ろう

TOEICは英語コミュニケーション能力を測る試験。

近年では、企業の入社時や昇給時に一定以上の点数が必要だったりするので、大学生や社会人にとっても非常に重要なテストですね。

ちなみに大学でも点数により単位を取得することも可能です(900点で4単位貰えた)。

TOEICのテストは大きく分けて2種類

TOEICのテストは大きく分けて以下2種類。

  1. Speaking&Writingテスト
  2. Reading&Listeningテスト

一般的に使われるTOEICの点数は「②Reading&Listeningテスト」になります。

なので、今回は「Reading&Listeningテスト」の点数を上げる方法について書いていきますね。

TOEICは990点が満点

TOEICは990点が満点。

そして、「Reading&Listeningテスト」は以下2つの項目に分かれます。

  • 読解100問:75分
  • リスニング100問:45分

テストは合計200問で2時間

学校などの試験に比べ長いので、集中力も重要になってきますね。

TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法

TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法
TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法

僕は英語の偏差値を83まで上げたのですが、勉強で大切なのは「①勉強法 ②参考書選び ③仕組みの穴をつく」の3つです。

当パートでは「①勉強法」を解説しますね。

では、本題。TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法は以下の通り。

  1. 倍速リスニング
  2. スピーキング練習
  3. 日本語で読解を解く

順番に解説しますね。

①倍速リスニング

リスニングは倍速でやりましょう。

本番よりも速度を上げることで、本番はスローモーションに感じるようになるので

僕は普段2倍速で聞いていますが、冗談抜きで一言一句はっきりと聞き分けれるようになりました。

ツールはウォークマンが最強

倍速で聞く時は「ウォークマン」が最強。

というのも、倍速を自在に操れますし、コンパクトで持ち運びが楽な上、充電持ちが異様に長いからですね。

僕は常にウォークマンを持ち歩いて、移動時間や隙間時間にTOEICのリスニングを2倍速で延々と聞いていました。

②スピーキング練習

スナギモのアイコン画像スナギモ

受けるのは「Reading&Listeningテスト」なんですが?

と思うかもですが、実際スピーキング練習は点数アップにかなりオススメ。

僕は2週間の内、4日間は海外におり、現地の人とたくさん英語で会話をしました。

そして、帰国後に模擬テストをしたところ、TOEIC点数は爆上がりしました。

というのも、スピーキング練習をすることで話すための英語脳が身に付き、さらにはリスニング力も鍛えられたから

TOEIC受験者の大半が読解とリスニングの勉強しかしないので、スピーキング練習をして点数に「差」が出るのは当たり前ですね。

スピーキングを無料で練習する方法

これは英会話サービスの無料体験。

現在、オンラインで受講できる英会話サービスが多く存在するので、無料体験を活用すればスピーキングの練習が無料で可能

お金を払い本受講をするのではなく、「DMM英会話」や「ネイティブキャンプ」で無料体験だけを受けるのがオススメ。

ガオのアイコン画像ガオ

DMM英会話は2回、ネイティブキャンプは1週間の無料体験が可能です!

③日本語で読解を解く

スナギモのアイコン画像スナギモ

読解は何を言ってるか分からないし、点数も上がらないから苦手

という方も多いと思います。

そこでオススメなのが日本語訳を見ながら解くこと。

英文を見ずに、最初から日本語訳の部分を見ながら読解を解き進めるだけでOK

TOEICは英文ですが、まずは日本語文で理解できるようになるのが大切。日本語で読んでも理解できない部分があったりもするので。

日本語で読解をして気付いたこと

僕は日本語で読解をすることで、英文では気付かなかった以下のことを発見しました。

  • どこから答えが来るのか
  • 否定的なことを書く文章がない
  • 日本にはないシチュエーションがある
  • こんな簡単なことを難しく言い換えていたのか

などなど。

日本語に慣れてから英文を読むと、文章の構造を理解しやすくなるので、読解の点数が飛躍的に向上しますよ。

テストは攻略ゲームなので、周りと同じ攻め方をしても短期間で結果は出ません。思考して攻略していきましょう。

TOEIC点数を2週間で250点上げた参考書3冊

TOEIC点数を2週間で250点上げた参考書3冊
TOEIC点数を2週間で250点上げた参考書3冊

断言すると、参考書なしで点数は取れません。

テストは点取り攻略ゲームであり形式を知らずに点数を取れるほと甘くないので、一定の自己投資は必要不可欠

スナギモのアイコン画像スナギモ

だとしても、そんなにお金をかけたくない

これには僕も同意見。

なので、参考書は僕が愛用している安い3冊を厳選し紹介します。

  1. 単語帳
  2. 文法書
  3. 読解用の参考書

順番に見ていきましょう。

①単語帳

単語は金フレだけでOK。

単語帳は何冊も用意する必要は全くないので、良質は1冊をやり込みましょう。

音声も無料で聞けるので、暗記と一緒に音声を聞くとリスニング対策にもなりますよ。

ガオのアイコン画像ガオ

1,000語+関連語と量は多くないので、僕は3日で集中して詰め込みました!

>>Amazonで詳しく見る

②文法書

TOEICの文法書はこれが最強。

TOEICのパート5は大量の文法問題があるのですが、僕はこれ1冊の勉強で2ミスしかしてません。

なぜなら文法問題には型が決まっており、この文法書でその型を完璧にマスターしたから

TOEIC専用の2,000~3,000円する文法書もありますが、正直この1冊(900円ほど)があれば全く問題ないです。

ガオのアイコン画像ガオ

この文法書は一緒に単語や熟語も補充できるので、最もオススメできる1冊ですね!

>>Amazonで詳しく見る

③読解用の参考書

読解はTOEIC公式問題集でOK。

3,000円と少し高いですが、テストの形式を知らないと点数は取れないので、この1冊だけで必要不可欠

リスニングCDも付いているので、リスニング対策も一緒にやることが可能です。

>>Amazonで詳しく見る

オンラインTOEIC模試もおすすめ

もし「高いから買いたくない」という方や、「公式問題集はもう終わった」という方がいたら、「オンラインTOEIC模試」がおすすめ。

1ヵ月2,100円でTOEIC模試が受け放題のオンラインサービスです。

毎回TOEICの点数(990点)に換算してくれるので、中々に有能なサービスですよ。

【努力不要】TOEIC点数を上げる裏技

【努力不要】TOEIC点数を上げる裏技
【努力不要】TOEIC点数を上げる裏技

次に、TOEICの点数を努力不要で上げる裏技。

これは簡単でTOEICの仕組みの穴を付くだけ。

結論、TOEICテストを3月に受けましょう

というのも、TOEICは偏差値方式で点数を出すので、周りの受験者の点数が低いほど、あなたの点数は上がります。

つまり、同じパフォーマンスだとしても、受けるタイミングによってあなたの点数が変化するわけです。

3月がオススメな理由

3月は変わり目の月で、中学生や高校生など学生が最も多い時期になります。

結果、平均点が下がることに

なので、自動的にあなたの点数が上がるわけですね。

TOEIC点数が上がりやすい月

3月以外だと1月と9月。

TOEIC点数が上がりやすい月
  • 1月
  • 3月
  • 9月

なので、TOEIC受験の際は、上記の月で受けれるように調整するのがオススメ。

【合法】TOEIC点数を上げるカンニング方法

【合法】TOEIC点数を上げるカンニング方法
【合法】TOEIC点数を上げるカンニング方法

最後はTOEICで使えるカンニング方法。

先に言っておくと、完全合法で点数が取り消される心配も一切ない方法になります。

リスニングでは問題が流れた後、答えの選択肢も流されます。

しかし、できる人はすべての選択肢が流れる前に、マークシートにマークを始めるんですよね。

つまり、それが答え

なので、聞き取れない場合は、周りのマーク音を聞けば、答えに辿り着けますよ。

TOEICカンニング時の注意点

ただ、カンニングには注意点が1つ。

それは目線を周りにやったり、挙動不審な態度を取らないこと

音を聞くだけなら合法ですが、目線を解答用紙から大きくズラすと、試験官から疑われてしまうので。

あくまでもマーク音のみを聞きましょう。

TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法:まとめ

TOEIC点数を2週間で250点上げる勉強法:まとめ

TOEICは思考すれば、最小限の努力で点数を最大化することが可能。

残り2週間からでも決して遅くはないので、ぜひ本記事の勉強方法や裏技を活用してみて下さい。

では、テスト頑張ってください!

TOEICに役立つ参考書

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる