SocialDog(ソーシャルドッグ)とは?使い方を解説!【評判も調査】

SocialDogでフォロワーを増やす方法Twitter
スポンサーリンク
  • SocialDog(ソーシャルドッグ)って何?
  • 何ができるの?
  • 使い方は?

こんな疑問に答えます。

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)Twitterの運用と分析ができるツールです。

 

実際に、私はこのツールを駆使し、Twitter開始35日目にしてフォロワー数が2,000人を超えました(3ヵ月で4,700人。証拠☞ ガオのTwitter)。

 

今回はSocialDogの機能加え、フォロワーを増やす使い方を紹介します。

 

本記事を参考にすれば、より効率的にTwitterが運用できるようになり、フォロワー数増進の可能性が高まります。

 

記事の内容

  • SocialDog(ソーシャルドッグ)とは
  • SocialDog(ソーシャルドッグ)の評判
  • SocialDog(ソーシャルドッグ)の使い方
  • SocialDog(ソーシャルドッグ)でフォロワーを増やす方法

 

記事の信頼性

  • 18日でフォロワー1,000人
  • 35日でフォロワー2,000人
  • 3ヵ月でフォロワー4,700人

(相互フォローなし)

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

スポンサーリンク

SocialDog(ソーシャルドッグ)とは

SocialDog
SocialDog(ソーシャルドッグ)とは株式会社Autoscaleが運営しているTwitterの運用・管理ツールです。

 

フォロー管理や自動送信ができ、予約投稿することも可能となっています。

 

Twitterの運用をしてフォロワー数を増やすなら、必須のツールですね。

 

SocialDogのプラン

SocialDogには全部で3つのプランがあります。

 

下記の画像をご覧ください。
SocialDogのプラン

 

無料のプランでも使用できますが、機能がかなり制限されてしまいます。

なので、月額780円のプランがオススメ

 

「いきなりは不安..」という方でも14日間の無料体験ができるので、試してみてから考えることができます。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

SocialDogはWeb版がオススメ

アプリ版だと使えない機能があったりするので、Web版がオススメです。

 

使用してアカウントが凍結されないか心配やで..

これも問題なしです。

 

SocialDogは100%Twitterのルールに準拠しています。

というかその逆で、凍結やアカウントのロックがされにくくなります。

 

詳しくは下記で説明します。

 

SocialDogの評判

実際にSocialDogでは、こんな生の声があります。

 

他にもあったので、簡単にまとめるとこんな感じ。

 

【デメリット】

  • 無料版だと誤作動が稀に起きる
  • 無料版だとできない機能がある

 

【メリット】

  • 予約投稿が便利
  • フォロー管理機能が神

 

割合で言うと「良い評判:悪い評判=9.5:0.5」くらいでした。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)の使い方

SocialDog(ソーシャルドッグ)の使い方

SocialDogですが、主に下記の機能を使用することが可能となります。

  1. 予約投稿
  2. ツイート分析
  3. フォロー管理
  4. フォロー&フォロワーの推移
  5. キーワードフォロワー

 

では、順にみていきましょう。

 

1.予約投稿

SocialDogでは、予約投稿をすることが可能です。

好きな時間を指定してツイートをすることが可能です。

 

画面はこんな感じです。
SocialDog Twitter予約投稿

 

ツイートをする余白の右下で指定時間を設定することができます。

 

無料だと10件、月額780円だと30件まで予約投稿が可能です(PROは無制限)。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

2.ツイート分析

これは自分のしたツイートの反応を時間別に見ることが可能です。

 

実際に私のツイートを特別にお見せします。
SocialDog ツイート分析

こんな感じで、どの時間帯に「いいね」や「リツイート」が多いのかが分かります。

 

こちらは後で詳しく解説しますね。

 

3.フォロー管理

フォロー管理では主に下記のことが分かります。

  • フォローしてくれている人
  • フォローが返されていない人
  • 30日以上の間活動していない人
  • 新着のフォロワー
  • 最近フォロー解除してきた人

 

控えめに言って、神..

 

さらに、SocialDog上でフォローしたり、フォローを解除したりすることも可能です。

 

個人のアカウントが映ってしまうため写真は載せていません。

 

便利ポイント

Twitterは使い方によっては、アカウントがロックや凍結されてしまう可能性があります。

ですが、SocialDogでTwitterの運用をすると危ない時には警告をしてくれます

 

なので、Twitterのアカウントがロックされたり凍結されるの可能性を下げてるというわけです。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

4.フォロー&フォロワーの推移

これはダッシュボードという画面にて確認が可能です。

 

画面はこんな感じです。
SocialDog Twitter運用

 

右上で期間の指定が可能です。

画像は11/21の1日での内容になっています。

 

ここを見ると期間ごとに何人のフォロワーが増えたとかが分かります

 

5.キーワードフォロー

SocialDogではキーワードフォロワーというものもできます。

例えば、「ネコ」というキーワードをフォローしたとします。

 

すると、画面でプロフィールに「ネコ」と入っている人や「ネコ」というワードを含んだツイートを見ることが可能です。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

SocialDog(ソーシャルドッグ)でフォロワーを増やす方法

SocialDog(ソーシャルドッグ)でフォロワーを増やす方法
SocialDogでは下記の2つが、フォロワー数を増やすのに効果的。

  1. ツイートを分析する
  2. 予約投稿で狙い撃ちする

 

たったの2つだけです。

では、順に詳しく見ていきましょう。

 

1.ツイートを分析する

まずはツイートの分析をし、反応の良い時間帯を調査しましょう。

 

同じ画像ですが、下記をご覧ください。
SocialDog ツイート分析

 

このグラフを見ると18:00台に「いいね」と「リツイート」が爆発的に多いのが分かりますよね。

要するに、この時間帯にツイートをすると多くの人に反応してもらえることになります。

 

反応の多い時間帯は人によって異なるので、しっかり自分のゴールデンタイムを把握しましょう。

 

そんなこと言ったって反応のいい時間なんて、どう調べればいいか分からないじゃないか

こんな方のために簡単に説明します。

 

分析方法

3ステップに分けて紹介します。

  1. 1日の時間を5~10分割する
  2. それぞれの時間にツイートをする
  3. 1週間継続する

 

この3つのステップを踏みましょう。

ある程度の母数が欲しいので、1週間は検証したいところです。

 

ちなみに私はこんな風に6分割をしました。

・08:00 ・12:00
・15:00 ・18:00
・21:00 ・24:00

結果、18:00台がゴールデンタイムと分かりました。

 

また、下記の記事と併用するとより効果的です。

>>Twitterでフォロワーを増やす方法を公開

 

2.予約投稿で狙い撃ちする

ツイートの分析で狙いどころが分かったら、その時間帯に投稿を毎日しましょう。

 

その時間帯は仕事だよ!

こんな方もいると思います。

 

なので、そんな時のための予約投稿ですね。

寝る前でも、朝の出勤前でもいいので、予約投稿を活用しましょう。

 

私の場合、ゴールデンタイムは「18:30~19:00」なので忙しい時には、予約投稿で対処しています。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

SocialDog(ソーシャルドッグ)を使おう

まとめ
繰り返しですが、Twitter運用にSocialDogは必須のツールです。

 

14日間は無料で体験でき、Twitterアカウントがあればログインするだけで登録が完了しますので、ぜひ試してみて下さい。

 

\今なら14日間の無料体験が可能/
SocialDogに無料で登録する≫

 

人気記事 FODプレミアムのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

 

トップへ戻る☝

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました