英語の偏差値を爆上げする5つの手順!偏差値80超え【現役塾講師が教えます】

英語偏差値を爆上げした手順偏差値80超えTOEIC
  • 英語の偏差値を上げたい
  • 英語が苦手

こんな悩みを解消します。

 

断言すると、英語に自頭の良さは関係なしです。

正しく積み重ねれば、英語は誰でもできるようになります。

 

事実、私は『偏差値31』から『偏差値83』まで、成長しました。

 

今回は、「英語の偏差値を爆上げする方法」と「努力のいらない裏技」を紹介します。

 

本記事を参考にすると、英語の偏差値を爆上げした方法が分かります。

 

記事の内容

  • 英語の偏差値爆上げの過去
  • 英語の偏差値を爆上げする5つの手順
  • 英語の偏差値が爆上がりする3つの投資
  • 英語の偏差値を爆上げする6つの裏技

 

記事の信頼性当サイト「ガオのノート」の運営者ガオは、「31」から「83」まで偏差値を上げています。

 

本記事では大学受験を軸に話しますが、高校受験でも、TOEIC受験などでも応用可能です。

 

スポンサーリンク

英語の偏差値爆上げの過去

英語の偏差値爆上げの過去
最初にまず、私の高校時の偏差値の変遷を紹介します。

  • 高校2年生10月:偏差値31(学内で271/279)
  • 高校2年生12月:偏差値×× 勉強スタート
  • 高校2年生03月:偏差値65
  • 高校3年生06月:偏差値71(学内で10/279)
  • 高校3年生09月:偏差値83
  • 高校3年生12月:偏差値81
  • 高校3年生02月:偏差値83

 

『偏差値31→偏差値83』

なので、偏差値を『52』上げたことになりますね。

 

ただ、最初はほぼ学年ビリ(欠席者もいたため)。

 

英語ができない人は存在しない

ここで1つあなたに質問。

 

『日本人だけど、昔からずっと日本語を話せない知人はいますか?』

 

99%の人が「NO」と答えるはず

理由は簡単で、言語は毎日触れ合うものだから。

 

英語も同じく言語です。

つまり、毎日英語に触れ、正しく勉強を積み重ねれば、英語もできるようになります。

 

ここに頭の良さは関係ありません。

 

「大人になってからではもう遅い」という意見もありますが、大人から学習を始め、できるようになった事例は数えきれないほどあります。今始めるのが一番早い。

 

英語の偏差値を爆上げする5つの手順

英語の偏差値を爆上げする5つの手順

私は英語学習を段階分けし、5つのステップで偏差値を爆上げしていきました。

  • STEP1:単語・熟語を詰める
  • STEP2:文法の定型を覚える
  • STEP3:毎日長文を読みまくる
  • STEP4:テスト形式で問題を解く
  • STEP5:復習・補強

 

では、順に解説します。

 

STEP1:単語・熟語を詰める

まず単語と熟語。

スピーキングなら別ですが、筆記試験において単語と熟語が欠落していると即ゲームオーバーです。

 

大学受験期に使用した単語書は下記の2点。

 

私の場合、学校の授業が1日6コマで1コマ50分でしたので、集中して1コマで100個覚え、休み時間の10分で復習をするを繰り返しました(授業はガン無視ゴメンナサイ)。

 

1週間で1,900個の英単語を暗記しました。

その次の週に、熟語1,000個を暗記した感じ。

 

暗記は何回も何回も同じことをしないと定着しません。

 

たまに「あの人は自頭がいいから」と割り切ってしまう人がいますが、頭がいい人も見えないところでかなり勉強しています。

 

結局は継続。

それに単語と熟語が完璧だと、文法が抜けていてもかなり読めます。

 

STEP2:文法の定型を覚える

単語・熟語と平行にやっても構いませんが、必ず文法の定型文も暗記しましょう。

私は英文法・語法 Vintageという文法書を完璧に暗記しました(これも同じく1週間かけて)。

 

文法書はかなり多くの種類があるので、1冊に絞ってやるのがオススメ。

 

STEP3:毎日長文を読みまくる

基礎を詰めたら、長文です。

英語は語学ですので、毎日触れれば少しづつできるようになります。

 

できなくても挫折せず習慣化して、意味が分からなければ、日本語訳と見比べて納得いくまで読み込みます。

 

受験期によく「何の参考書使ってるの?」と聞かれましたが、私の愛用は下記の2冊。

  1. 基礎英語長文問題精講
  2. 速読英単語

 

「英語長文問題精講」を毎日ひたすら解き、通学中に「速読英単語」を読むという感じ。

 

単語・熟語を暗記した後は、受験が終わるまで毎日長文を読むことを欠かしませんでした。

 

STEP4:テスト形式で問題を解く

たくさん解いて慣れてきたら今度は実践。

大学受験の場合は、赤本などを使いましょう。

 

ここでは2つより効果的に結果を出す方法がります。

  • 本番より5~10分短くする
  • 外部模試を受ける

 

本番より5~10分短くする

本番は緊張したりしますし、不測の事態が起きる可能性も。

なので、練習では時間を短くし、負荷をかけましょう(私はマイナス15分に)。

 

野球選手が本番前に重いバットで素振りするのと同じ。

 

外部模試を受ける

また、必ず外部の模試を受けてください。

 

家でやるテストや学校・塾で受けるテストとは雰囲気が異なりますので、より本番に近い状況になります。

 

ちょっと裏技

これはフードコートで模試を解くこと

 

本番では..

  • 貧乏ゆすり
  • 大きい鼻息
  • 工事の音
  • 試験管の足音

 

など、音が集中をかき乱す事も。

 

神経質な人は集中力が低下するので、あらかじめストレス耐性を付ける訓練をしましょう(運に頼るのはNG)。



STEP5:復習・補強

一通りこなしたら、ひたすら復習・補強です。

 

復習

復習はSTEP1~4をひたすら繰り返すだけ。

特に単語なんて、復習しないとドンドン抜けていきます

 

「私は記憶力がなんで、こんなに低いんだ」

では、ないですよ。復習不足なだけです。

 

補強

私は知らなかった単語・熟語をノートに書いて自分の単語帳を作ったり

 

また、早慶対策で英検1級の単語帳もやりました。

他にこの単語帳をやっている人は私しかいなかったので、単語は無双状態でした。

 

また、英作文が受験に必要であれば、英語添削アイディーで166円から添削をしてもらえますので、うまく活用しましょう。

 

英語の偏差値が爆上がりする3つの投資

英語の偏差値が爆上がりする3つの投資
次に、英語の偏差値が爆上がりする要因になった3つのことを紹介します。

 

直接は関係がないので、「投資」をいうワードにしています。

  1. 英語を話す
  2. リスニングの勉強をする
  3. 読書をする

 

では、順に解説していきます。

 

英語を話す

実は私、受験期に海外旅行に行きました。笑

インドネシアに行って5日間、毎日露店に片っ端から入って、値段交渉をしまくりました。

 

結果、帰ってきたら点数が爆上がり

 

読解の時よりも高速な英語理解が必要とされるリスニングとスピーキングを練習することで、レベルアップしたと考えられます。

 

偏差値でいうと「6」上がっていました。

 

リスニングの勉強をする

リスニングのテストはなかったのですが、リスニングの勉強をしました。

理由は簡単、先の旅行で点数が上がったからです。

 

効果てきめんで、もう1段階レベルが上がりました。

 

ちょっと裏技

これは「2倍速」でやること

 

同じく負荷をかけることで、通常速度はもはやスロー再生に聞こえます。

お試しあれ。

 

2倍速で聞く場合はウォークマンが便利。

1.2倍から好きな速度に調整でき、持ち運びも楽。

 

リスニングで文章が理解できるようになると、読解のスピードが桁違いに上がりますよ。

 

読書をする

大学受験の英語試験は、アカデミックな内容が多いので、日頃から読書をしている人が強いです。

余裕があれば、小説でも構わないので、本を読みましょう。

 

国語の試験にも役立ちますし、英文読解も国語を英語でやるようなものなので、少しづつ効果は出ます。

 

英語の偏差値を爆上げする6つの裏技

英語の偏差値を爆上げする6つの裏技
では、最後に「努力のいらない裏技」6つを紹介します。

 

今すぐ使えます(本当はお金取って教えるやつ)。

  1. NGワードではじく
  2. 逆説にマーキング
  3. 段落を分ける
  4. 固有名詞をしかくで囲う
  5. and (or)に着目
  6. 補充ワードで解く

 

では、順に解説します。

 

NGワードではじく

実は選択肢の中に入っていたら、正解にはほぼならないワードがあります。

  • always いつも
  • never 決して~ない
  • all~ すべての~

 

これらのワードが選択肢に入っていたら、かなりの確率でその選択肢は正解にはなりません。

4択であれば3択にでき、正答率も25%から33%にあがりますね。

 

人生少なからず運ゲーです。

 

逆説にマーキング

これはそのまま、逆説にマークをつけるという意味です。

なぜならば、逆説の後に問題の答えが来ることが非常に多いから

 

ちなみによくある逆説はこちら。

  • but
  • however
  • although
  • though

 

文章が苦手な人は逆説にマークし、その前後を集中読解すれば、点数が上がる傾向にあります(多くの生徒がそう)。

 

段落を分ける

これは国語と同じように段落分けをするということです。

文章というのは、基本的に段落ごとにテーマがあります。

 

そして、第1段落か最終段落にその文章の要点が来ることがほとんどなので、時間がなくてもこの2つの段落は熟読するのが良いです。

 

全部を熟読する必要もありませんね。

 

固有名詞をしかくで囲う

これは毎回使うわけではないのですが、たくさん固有名詞が出て来るときに使います。

すると、「この文はタカシ君が主語だ」のように、迷いなく見直しをすることが可能に

 

読みやすくカスタマイズしましょう。

 

and (or)に着目

文法的なことですが、「and」や「or」というのは「A and B」のように、2つのものをくっつける役割を持ちます。

 

なので、何と何を繋いでいるのかを認識する必要があります。

 

私の場合は「and」が出てきたら、繋いでいる単語(または文章)を探し、「①」「②」のようにマークして、文章を読みやすくしています。

 

補充ワードで解く

大学受験でレベルの高い大学では微妙ですが、一般的な大学や、高校受験では、文章の最後に難しい単語の補充がされます。

 

つまり、補充ワードを追うだけで読まなくとも流れは理解可能です。

 

この技で、私は英文を1度も読まずにそこそこの点数をとったことがあります。笑

 

英語の偏差値を爆上げする方法:まとめ

まとめ
繰り返しですが、英語は言語ですので、誰でも出来るようになります

 

あなたが「この人頭いいな」と思っている人は、涼しい顔して毎日努力しています。

苦手意識を持たず継続しましょう。正しく継続すれば、必ず点数は上がります。

 

現役教師としても、心から応援しています。

 

人気記事 おすすめ動画配信サービス5選!値段・機能を徹底比較

人気記事 2週間でTOEICの点数を250点上げた勉強法

人気記事 DMM英会話に効果はある?メリット・デメリット・口コミ・評判を徹底調査

コメント

プロフィール

ガオの顔

ガオ
現在21歳。ブログ開始5ヵ月で新卒の平均給料を達成。当サイト『ガオのノート』ではブログにおける有益かつ再現性の高い情報を発信しています。

【 実績 】

  • 3ヵ月で14万pv
  • 5ヵ月で収益20万
  • 書籍出版の依頼獲得
  • 5ヵ月でフォロワー数1万人
  • 大手企業より取材依頼を獲得
  • 企業コンサルタント依頼獲得

>>取材依頼等はこちら

>>ライティング依頼はこちら

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました