当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

ブログとプログラミングはどっちが稼げる?【どっちもやればOK】

  • ブログとプログラミングはどっちが稼げる?
  • どっちが副業に向いてるか知りたい

こんな悩みを解消します。

 

結論、ブログの方が稼げます

 

ブログの方が稼げますが、稼げないで終わる人も多くいます(そもそもプログラミングとはビジネスモデルが異なる)。

 

そこで今回は「ブログとプログラミングはどっちが稼げるか」を深堀し、「どのように2つに取り組んでいけば良いかの裏技」を解説します。

 

本記事を参考にすると、ブログとプログラミングはどっちが稼げるかと、どっちをすれば良いかが分かります。

 

記事の内容

  • ブログとプログラミングはどっちが稼げる?
  • ブログは稼げるが稼げない人も多い
  • プログラミングはやれば稼げる
  • ブログ×プログラミングが最強

▼エンジニア転職を無料でしたい方▼

GEEKJOBでは東京(四ツ谷)に通える20代限定ですが、無料で学習から転職までを徹底サポート

説明会と1日の無料体験がありますので、「現状を変えたい方」「エンジニア転職をしたい方」は足を運んでみましょう。

\学習から転職まで完全無料/
GEEKJOBで無料体験&説明会 ≫

GEEKJOB公式HP ≫

目次

ブログとプログラミングはどっちが稼げる?

ブログとプログラミングはどっちが稼げる?

結論、ブログの方が稼げます

 

この理由はビジネスモデルの違い。

  • ブログ:労働時間≠報酬
  • プログラミング:労働時間=報酬

 

簡単に解説しますね。

 

ブログ:労働時間≠報酬

ブログの方が稼げる理由は、労働の時間と報酬がイコールにならないから。

 

サイトを放置していても収益が発生したり、ライティングやSEOのスキル1つで、同じ労働時間でも大きく収益は変化します。

 

プログラミング:労働時間=報酬

一方プログラミングは、労働時間と報酬がイコールになります。

つまり、バイトや会社員と同じ原理で、働いた分だけ収益が発生します。

 

もちろん、技能や営業力が高い方は、時給も上がりますが、労働の対価として報酬が発生するビジネスモデルには変わりありません。

 

ブログは稼げるが稼げない人も多い

ブログは稼げるが稼げない人も多い

ブログは労働以上の収益が見込めますが、それは逆もまた然り。

つまり、最初の内は何十時間もブログに費やして月収1,000円とかも普通にあります。

 

稼ぐ人も多くいますが、稼ぐことが出来ない人も多くいるのが現実

 

アフィリエイトの市場は膨れている

ただ、ブログで大きな収益源となるアフィリエイトは市場が膨れています。

市場規模

参照元:ecnomikata

 

その一方で「アフィリエイトは怪しい」というイメージが持たれがちなので、参入する人もそんなに多くはありません。

 

市場が大きくなり、参入するライバルが少ないなら大きなチャンスですよね。

 

関連記事 『アフィリエイトは怪しい!詐欺だから危険!』←これが参入障壁です

 

ブログは初期費用が回収できる

ブログはWordpressというサービスで開設するのが稼ぐ前提条件で、費用としては8,000円~12,000円ほど。

が、セルフバックという仕組みを活用すれば一瞬で初期費用を回収可能

 

セルフバックとは自分で紹介した商品を自分で買い、その報酬を受け取る仕組み。クレジットカードをセルフバックで作ると、1円も払わずに数千円の収益がGETできます。

 

これで数万円稼ぐことは普通に可能なので、初期費用は余裕で回収できるとみてOK。

 

関連記事 セルフバック(自己アフィリエイト)のメリット・デメリット【手順の解説あり】

 

プログラミングはやれば稼げる

プログラミングはやれば稼げる

一方でプログラミングは「労働=報酬」ですので、逆にやれば稼げます。

ただ、注意点があって、1人独学で学習をしていると仕事を取るのが難しかったり、スキルが身に付かないことが多いです(何をすれば良いか分からないため)。

 

なので、プログラミング学習をする時には、オンラインでもOKなのでスクールに通いましょう。

[ad01]

プログラミングの市場も膨れている

実は、IT人材の需要は年々膨れています。

プログラミングの市場も膨れている

引用元:経済産業省

 

一方でエンジニアの数が少ないため、需要と供給が噛み合わずIT業界の平均年収が1位になっている状態(コンサル・商社よりも上)。

 

「エンジニアはAIで必要なくなりそうだし、もう遅いか」と思っている方もいるかもしれませんが、需要はありますし、プログラミングを活かしたビジネスなどいくらでも創造できます

 

プログラミングも初期費用は回収できる

また、プログラミングスクールに通ったとしても(0円~30万ほど)、その費用は余裕で回収できます。

例えば、スキルを身に着けた後に、クラウドソーシングでWeb制作の仕事を1本受注すれば、それで10万円ほど稼げます。

 

クラウドソーシングに加え、「ココナラ」を使用してスキルを売れば、フリーランスとして年収1,000万も難しい数字ではないですよね。

 

ブログ×プログラミングが最強

ブログ×プログラミングが最強

上記でブログとプログラミングについて解説しましたが、一番効果的なのはどっちもやること

 

私の場合は、ブログを軸にしてプログラミング学習で付加価値を付けています。

  • 新しい記事ネタになる
  • WordPressを自由に弄れる

 

順に解説しますね。

 

新しい記事ネタになる

新しいことに挑戦をすると、その分野の経験値が溜まるので記事ネタになります。

 

すると、自分の経験談をもとにアフィリエイト記事を書くこともでき、プログラミング学習に費やした費用をブログで回収することも可能

  1. 新しい挑戦
  2. ブログの記事ネタに
  3. ブログで費用を回収
  4. 1~3をエンドレスで周回

 

仮に、プログラミングで失敗しても、記事ネタになりますので、結果はどう転んでもOK

 

お金を持つ人の共通点は、お金の使い方が上手いことです。

 

WordPressを自由に弄れる

WordPressは基本、初心者の方でも扱えるように設計がされています。

が、「HTML・CSS・PHP・JavaScript」などの言語に理解があると、自由にカスタマイズができたり、記事も個性を出して装飾することが可能

 

ちなみに私は、記事の装飾はボタン操作ではなく、自分でオリジナルを作り行っています。

 

Code Camp」というオンラインスクールだと、Wordpressコースもある上、無料体験もできますので、興味のある方は付加価値を付けるためにも、ぜひ体験してみましょう。

 

\満足度94.6%/
CodeCampで無料体験 ≫
オンラインレッスンNo.1

 

関連記事 CodeCamp(コードキャンプ)の評判・口コミ【メリット・デメリットを解説】

 

ブログとプログラミングはどっちが稼げる?:まとめ

ブログとプログラミングはどっちが稼げる?:まとめ

ブログ プログラミング
市場 膨張 膨張
収益性
初期費用 回収可 回収可

 

ブログ・プログラミング共に、市場は膨れており副業としてはピッタリ。自分がやりたい方、もしくは両方をやり収入源として1人で稼ぐスキルを付けていきましょう。

 

▼ブログを始めたい方▼

ブログを始める ≫
※ブログの始め方の記事に飛びます

 

▼プログラミングを始めたい方▼

プログラミングを始める ≫
※おすすめスクール3社の記事に飛びます

 

トップへ戻る☝

 

人気記事 TechAcademy(テックアカデミー)の評判・評価は悪い?【感想を調査】

人気記事 ブログをする『メリット9つ&デメリット3つ』※私は人生が変わった

テーマならAFFINGER
AFFINGER

Wordpressテーマで悩んでいるなら、AFFINGERをオススメします。

料金は「14,800円」の1回買い切りで、AFFINGERに変更してからpv数が増えた人が続出するほどの優秀なテーマ。

今なら「詳細ページ」から購入すると限定特典が付きますので、ぜひご活用下さい。

>>AFFINGERのメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる