当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

WordPressプラグインでバックアップをとる方法【backWPupの使い方】

  • WordPressプラグインでバックアップがとりたい
  • やり方も知りたいな

こんな要望に答えます。

 

WordPressバックアップをとるには、「backWPup」というプラグインがおすすめ

 

専門的な知識も不要で、初期設定をしておけば自動で定期的にバックアップをとってくれる優れものです(無料で使用可能)。

 

そこで今回はWordpressプラグイン「backWPup」でバックアップをとる方法を画像付きで解説します。

 

本記事を参考にすると、Wordpressのデータをバックアップする方法が理解できます。

 

記事の内容

  • WordPressでバックアップすべきファイル
  • backWPupの使い方
  • backWPup以外でで入れておくべきプラグイン
目次

WordPressでバックアップすべきファイル

Wordpressでバックアップすべきファイル

「backWPup」の使用法の前に、予備知識としてWordpressでバックアップすべきファイルを理解しましょう。

  1. テーマ
  2. プラグイン
  3. 画像などのメディア
  4. 記事などのデータベース

 

WordPressで最低限バックアップをとるべきなのは上記4つ。

 

これから紹介する「backWPup」を活用すれば、基本的にはすべてバックアップをとってくれますので心配はありません。

 

WordPressプラグイン「backWPup」の使い方

Wordpressプラグイン「backWPup」の使い方

「backWPup」の使い方はとても簡単で、下記の手順で進めれば、ほんの数分で完了します。

  1. backWPupをインストール
  2. backWPupの初期設定
  3. ①一般設定
  4. ②スケジュール
  5. ③DBバックアップ
  6. ④ファイル

 

順に解説します。

 

backWPupをインストール

まずは、プラグイン新規追加の検索バーに「backWPup」と入力

backWPupをインストール

 

画面の左上の「backWPup」をインストールし、その後必ず有効化をしましょう。

 

backWPupの初期設定

すると、画面左下に「backWPup」のマークが追加されますので、その中の新規ジョブ追加をクリック。

backWPupの初期設定

 

「backWPup」では、下記4つの設定をしていきます。

  1. 一般設定
  2. スケジュール
  3. DBバックアップ
  4. ファイル

 

順に解説していきますね。

 

①一般設定

まずは、「このジョブの名前」という部分を自分が分かりやすいように変更します。

「このジョブの名前」という部分を自分が分かりやすいように変更

※「このジョブは…」という部分はデフォルトのままでOK。

 

下にスクロールして下記の画面になったら、「ZIP」にチェックを入れましょう(Windowsなら「ZIP」、MACなら「Tar BZip2」にチェック)。

「ZIP」にチェック

 

また、バックアップファイルの保存方法は「フォルダーバックアップ」にチェックを入れておきましょう。

そしたら、最後に変更を保存をクリックして完了。



②スケジュール

スケジュールに移動したら「手動」から「WordpressのCron」にチェックを入れ直します。

「WordpressのCron」にチェックを入れ直し

 

チェックを入れたら、バックアップをいつとるかを設定していきます(スケジューラ―の種類は「基本」でOK)。

バックアップをいつとるかを設定

 

スケジュールは「月・週・日」の3種類で感覚+バックアップをとる時間帯が設定可能ですが、毎日だとサーバーの負担になるので、週1か月1でバックアップをとるのがおすすめ

 

また、バックアップの時間帯はアクセスの少ない時にしましょう(デフォルトだと03:00になってますので、そのままでもOK)。

 

そしたら変更を保存で完了。

 

③DBバックアップ

こちらは最後の「バックアップファイルの圧縮」を「GZip」にするだけでOK。

「バックアップファイルの圧縮」を「GZip」にする

 

「バックアップするテーブル」など、その他の項目はデフォルトで問題なし

最後に変更を保存も忘れずにしましょう。

 

④ファイル

ここは基本デフォルトでOKですが、「テーマのバックアップ」のみ設定をしましょう。

「テーマのバックアップ」のみ設定

 

使用していないテーマのバックアップは不要ですので、チェックを入れておくのがベター(twentyfifteenはデフォルトで入っているテーマ)。

こちらも忘れず変更を保存しましょう。

 

これで初期設定が完了。後は設定した通りに自動的にバックアップをとってくれます。

 

ガオ
ガオ

お疲れ様でした!

 

backWPup以外で入れておくべきWordpressプラグイン

backWPup以外で入れておくべきWordpressプラグイン

また、「backWPup」以外でも下記のプラグインは入れておくとベター。

【入れておく良いプラグイン】

  1. Site Guard
  2. XML-Sitemap
  3. Contact Form7
  4. Akismet Anti-Spam
  5. All in One SEO Pack
  6. Adsense Invalid Cliker
  7. EWWW Image Optimizer

【便利なプラグイン】

  1. Classic Editor
  2. Aurora Heatmap
  3. TinyMSE Advanced
  4. Broken Link Checker

 

各プラグインの「機能」と「使い方」は下記で解説しています。

>>WordPressおすすめのプラグイン7選+4【注意点あり】

 

プラグインの入れすぎはNG

プラグインは便利ですが、入れすぎはNG。

入れすぎると、サイトが重くなりハッキングのリスクが増加してしまいます。

 

なので、プラグイン数を抑えて自分で何とかするか、「AFFINGER」や「THE THOR」のような最初から機能が多いテーマを使用しましょう。

 

関連記事 アフィンガー5(AFFINGER5)の評判・感想【メリット・デメリット】

関連記事 THE THOR(ザトール)評判と感想【メリット・デメリットを解説】

 

WordPressプラグインでバックアップをとる方法:まとめ

Wordpressプラグインでバックアップをとる方法:まとめ

WordPressでは自分から行動しないと、データのバックアップはとれらません。

なので、最低限のリスクヘッジとして対策しておくと安心ですね。

 

また、他の役に立つWordpress記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

WordPress記事一覧へ≫

 

トップへ戻る☝

 

人気記事 おすすめのASP5選+1を徹底比較【アフィリエイトで稼ぐ裏技あり】

人気記事 検索順位チェックツールGRCの評判・評価は?メリット・デメリットを解説

 

テーマならAFFINGER
AFFINGER

Wordpressテーマで悩んでいるなら、AFFINGERをオススメします。

料金は「14,800円」の1回買い切りで、AFFINGERに変更してからpv数が増えた人が続出するほどの優秀なテーマ。

今なら「詳細ページ」から購入すると限定特典が付きますので、ぜひご活用下さい。

>>AFFINGERのメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる