ヨーロッパ周遊旅行費公開!~北欧編~【第3回】

トラベル
スポンサーリンク

北欧の物価って高いと聞くけど、旅行費はどれくらいかかるの?

こんな疑問に答えます。

 

私はヨーロッパの周遊を3回しているのですが、今回は3回目の旅行費公開記事となります。

主に北欧を回りました。

公開内容はヨーロッパ周遊に要した移動費・宿泊費・現地費・雑費などすべてです。

ヨーロッパに行きたい方や周遊に興味がある方の参考になるかと思います。

記事の内容・旅程
・周遊費公開
・比較
・まとめ
スポンサーリンク

旅程

訪れた国

・バンコク(タイ)×2
・チューリヒ(スイス)×2
・オスロ(ノルウェー)
・ストックホルム(スウェーデン)
・ワルシャワ(ポーランド)
・コペンハーゲン(デンマーク)
・ヴィリュニュス(リトアニア)
・リガ(ラトビア)
・タリン(エストニア)
・ヘルシンキ(フィンランド)
・ハノーファー(ドイツ)×3
・アムステルダム(オランダ)×2
・ルクセンブルグ
・ミュンヘン(ドイツ)

といった感じです。

1回目や2回目よりもさらに多い国に行きました。

合計で13ヵ国15都市の周遊になります。

(前回は9ヵ国11都市でした。)

もちろん自分ですべて手配しました。

 

時期

周遊の時期は8月~9月になります。

大学生の夏休みの時期を利用した感じです。

 

宿泊数

・バンコク トランスファーで観光
・チューリヒ 3泊
・オスロ 2泊
・ストックホルム トランスファーで観光
・ワルシャワ 2泊
・コペンハーゲン トランスファーで観光
・ヴィリュニュス 2泊
・リガ 2泊
・タリン 2泊
・ヘルシンキ トランスファーで観光
・ハノーファー 2泊
・アムステルダム トランスファーで観光
・ルクセンブルグ 2泊
・アムステルダム トランスファーで観光
・ハノーファー 2泊
・ミュンヘン 2泊
・ハノーファー 2泊
・チューリヒ トランスファーで観光
・バンコク トランスファーで観光

宿泊数は23泊で飛行機泊を2泊し、合計で25泊となります。

(前回は15泊でした。)

今回はかなり長めの周遊となりました。

正直結構疲れました。笑

 

周遊代金


まず、結論からいきましょう。すべてひっくるめて28万5千円です。

では、詳細をみていきましょう。

 

移動費

移動費の合計は17万2千円です。

(ちなみに前回の周遊は15万円でした。)

今回もまたまた同じく飛行機はLCCを使っていません。

海外に格安で行くLCCのデメリット。いくら安くなるか数字を公開
海外旅行に格安で行きたくなないですか? 実は通常よりも簡単に安く飛行機の乗るLCCという方法があります。具体的な数字も提示します。 簡単に海外旅行に安く行きたい人に必見です。

 

余談ですが、KLM(オランダの航空会社)のビジネスクラスに乗りました。笑スカイチームのラウンジは気にっています。

 

また、今回はバルト三国の移動にバスを使いました。

1回1,000円もかからず安かったです。

バスの記事も今度出します。

 

宿泊費

宿泊費は合計で7万5千円となっています。

(前回は3万9千円でした。)

今回もホテルを一切使っていません

Airbnbというシェアリングエコノミーサービスを利用しました。

 

今回は期間が1ヵ月近かったのと、北欧の物価の高さを食らいました。。

北欧は水が高く空港で1本500円する国がありました。。(高い、)

 

ホテルがいい方はトリバゴがおすすめです。
最安値検索機能もそうですが、50%オフで予約できたりします。



現地費

現地費は合計で3万5千円です。

(前回は2万7千円でした。)

これの内訳は飲食費・観光地費・お土産代です。

今回は物価が高かったので9割自炊しました。

Airbnbだと自炊に便利ですね。ありがたいです。

 

雑費

雑費は合計で3千円です。

(前回は2万9千円でした。)

これの内訳はWIFI費とその他に発生した費用です。

 

今回は何が起きたかというと、端末をSIMフリー化しました。

なので、めちゃくちゃ安くなりました。WIFIルータを借りようとしたんですけど、国数が多すぎてWebから予約ができませんでした。笑

電話でならできるみたいです。

 

私の愛用しているSIMカードは、国ごとに差し替える必要がなく、安いので重宝しています。記事の最後に載せておきますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

SIMフリー端末でない人はWIFIルータを借りましょう。

以前私はグローバルWiFiを愛用していました。20回以上使っていますが、不備もなく安い方のルータなのでおすすめです。

 

合計

・移動費 17万2千円
・宿泊費 7万5千円
・現地費 3万5千円
・雑費  3千円
⇒計28万5千円

とこんな感じになっています。

(前回は24万5千円です。)

1ヵ月弱の間、北欧に行ったと考えれば安い方だと思うのですが、やっぱ高くなりましたね。。

 

比較


では前回と前々回の周遊と比較をしていきます。

項目1回目2回目3回目
国数7ヵ国9ヵ国11都市13ヵ国15都市
宿泊数12泊15泊25泊
時期8月3月8月~9月
移動費18万円15万円17万2千円
宿泊費6万円3万9千円7万5千円
現地費2万円2万7千円3万5千円
雑費2万3千円2万9千円3千円
旅費合計28万3千円24万5千円28万5千円

1回目から2回目にかけて安くなり、3回目には高くはなっていますが日数と国の数を考えれば、かなり安く行けるようになっているのではないでしょうか。

これらの周遊での予約はすべて下記の記事とエクスペディアを併用しています。通常寄りも格安になります。

海外旅行に格安で行く方法を公開!【国内旅行よりも豪華で安い】
簡単にできる飛行機の格安予約の方法を公開します。あることを少し変えるだけで、安くなります。

まとめ

以上で3回目の周遊の記事でした。

実はこの段階でSFCというものを取得しましたので、これの時からプライオリティがついたり、ラウンジに入れるようになりました。

周遊以外にも現段階では下記の記事を書いていますので、ぜひご覧ください。

これが愛用のSIMカードです。☟

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました