【コピーライティング3つのNOT】売れる文章になるために超えるべき壁

コピーライティング3つのNOT アフィリエイトアフィリエイト
スポンサーリンク
  • 「3つのNOT」って何?
  • どう対処すればいいの?

こんな悩みを解消します。

 

「3つのNOT」とは、特に広告業界で重視されるマインド3原則のこと。

 

ブログにおいても、この3原則を理解していないと、致命的な欠陥となる可能性が。

 

なので、今回は「3つのNOT」とその対処法を解説します。

 

本記事を参考にすると、「3つのNOT」とその対処法が理解でき、文章のレベルが向上します。

 

記事の内容

  • 3つのNOTとは
  • NOT Read(読まない):15の対処法
  • NOT Believe(信じない):5の対処法
  • NOT Act(行動しない):9の対処法
  • ブログには「2つのNOT」が追加される

3つのNOTとは

3つのNOTとは

3つのNOTとは上記の3つを指し、読者はあなたの文章を「①読まない・②信じない・③行動しない」を意味します。

 

この3つは当たり前のことだと認識し、「読まれる・信じられる・行動してもらえる」ような文章を書く必要があるということです。

  • Not Read(読まない)
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(行動しない)

 

この「3つのNOT」の壁を超えていけるのが優れた文章という訳です。

 

下記で1つ1つの「NOT」を超えていくための対策を解説します。

 

NOT Read(読まない):15の対処法

NOT Read(読まない):14の対処法

NOT Read(読まない)の壁を超えるには、文章構成や記事の見やすさを工夫する必要があります。

 

具体的には下記の15のこと。

  1. 改行する
  2. 反論する
  3. 文を区切る
  4. 文を凝縮する
  5. 具体例を使う
  6. 感情をいれる
  7. 自分を下げる
  8. 要点を強調する
  9. 専門用語は避ける
  10. 図・箇条書きを使う
  11. 口に出して見直しする
  12. 数字は半角&カンマを使う
  13. 結論から書く(プレップ法)
  14. 文字レイアウトを最適化する
  15. 「カタカナ・漢字・ひらがな」のバランス

 

具体例も挙げつつ、下記で詳しく解説しています。続きはこちらからどうぞ。

>>分かりやすい文章を書く14のコツ

 

「文字レイアウトの最適化」についてはこちら。

>>【文字レイアウト】ブログ記事が読みやすくなる『サイズ・色・横幅』を公開

 

文章力を底上げするには

究極的には”文章力が高い”ことに越したことはないですよね。

 

無料で実行可能+効果てきめんな方法を下記の記事で解説しているので、ご活用下さい。

>>文章力を向上させる最強の模倣戦略

 

NOT Believe(信じない):5の対処法

NOT Believe(信じない):5の対処法

基本あなたのファンでもない限り、いきなり文章を信用なんてしてもらえません

 

信用してもらえないと、記事を離脱される可能性もありますし、アフィリエイトの場合は成約も難しくなります。

 

なので、信用性を出す5つのコツを紹介します。

  • 語尾を変える
  • 理由を説明する
  • 数字や実績を使う
  • 詳しい文章にする
  • 引用で権威を借りる

 

これらを意識した文章にすると、誰が書いてもそれなりの信頼性を出すことが可能です。

 

具体例を含め、詳しくは下記からどうぞ。

>>【Google E-A-T対策】ブログ記事に信頼性を出す5つの方法

 

NOT Act(行動しない):9の対処法

NOT Act(行動しない):9の対処法

前提としてアフィエイトにおいても、読者は記事を読んでも行動しないという認識を持ちましょう。

 

その上で、動いてもらえるような対策をとる必要があります。

 

具体的には下記の9つの技が効果的。

  1. 限定性を出す
  2. 母数を増やす
  3. 初頭効果と親近効果
  4. 単価の高い案件を選ぶ
  5. 購入者の負担を減らす
  6. ベネフィットを紹介する
  7. 情報に客観性を持たせる
  8. 権威のあるブランドを選ぶ
  9. プロスペクト理論を活用する

 

この9つの技を活用すると、より行動を促進することが可能です。

 

ただ、これだけではイメージが湧かないと思いますので、下記で続きをご覧下さい。

>>アフィリエイトの成約率を上げる9つの方法

 

ブログでは2つのNOTが追加される

ブログでは2つのNOTが追加される
困ったことにブログにおいては、もう「2つのNOT」が追加されます。

  • NOT Open(開かない)
  • NOT Understand(理解しない)

 

順に対策法も含め、解説していきます。

 

NOT Open(開かない)

これはタイトルは見るけど、クリックして開かないということです。

 

記事は1ページ目に10本載りますが、1位でもクリック率は20~30%と言われています。

そして、10位ともなるとほんの数%とも。

 

NOT Open(開かない):対処法

つまり、記事を開いてくれない前提で、タイトルを工夫していく必要があります。

 

簡単にクリック率を上げる法則を紹介します。

  • Urgent:「期間限定!」などの緊急性
  • Unique:「日本未上陸!」などの独占性
  • Ultra-Spescific:「30日間で798円!」などの超具体性
  • Useful:「1ヵ月で5万円を稼いだ方法!」などの有益性

 

詳しくは別で紹介しますが、この広告業界ではこの「4Uの原則」が効果的とされています。

 

NOT Understand(理解しない)

これは記事をクリックして、読んでもらえても、理解してもらえないということ。

 

壁を超えても、まだ壁があるわけです。

 

NOT Understand(理解しない):対処法

これに関してできることは、文章を難しくしないということ。

 

すぐにできることは、下記の2点。

  1. 専門用語を避ける
  2. 難しい漢字を避ける

 

この2つを避けつつ、小学生に説明するつもりで文章を書くのが良いです。

 

『読みやすく・簡潔に・分かりやすく』

ですね。

 

3つのNOTと2つのNOTを意識しよう

まとめ

  • Not Read(読まない)
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(行動しない)
  • NOT Open(開かない)
  • NOT Understand(理解しない)

 

ブログを書く上では、占めて「5つのNOT」を超えていく必要があります。

しっかりとこの5つを前提にし、記事を書きましょう。

 

また、他の役に立つブログ記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

ブログ記事一覧へ≫

 

人気記事 【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 おすすめ動画配信サービス5選!値段・機能を徹底比較

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました