当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

Webサイトの表示速度を計測するツールを紹介【速度を上げる方法あり】

  • Webサイトの表示速度ってどうやて計測するの?
  • どうやって速度を上げるの?

こんな疑問を解消します。

 

Webサイトの表示速度はユーザビリティの面でもSEOの面でも大切なことです。

今回は速度を無料で簡単に計測できるツールを2つ紹介し、速度を上げる方法も説明します。

 

本記事を参考にすると、自身のサイトの表示速度が分かり、表示の高速化ができます。

 

記事の内容

  • サイトの表示速度とは
  • 表示速度が大切な理由
  • 無料で計測できるツール2選
  • サイト表示速度を上げる方法
目次

サイトの表示速度とは

サイトの表示速度とは
一応説明をしておくと、サイトが表示されるまでの時間の長さのことです。

 

そして、これはユーザビリティの面でもSEOの面でも大切なこととなります。

 

表示速度が大切な理由

大切な理由は簡単です。

この時間が長い(速度が遅い)とユーザビリティが著しく低下するからです。

 

具体例を挙げましょう。

  1. サイトの表示まで1秒かかる
  2. サイトの表示まで5秒かかる

 

どちらの方がユーザーの求めるサイトでしょうか?

サイトの表示に”5秒”かかったら、「全然、表示されないな。もういいや。」となりませんか?

 

これでは、ユーザーに不快な思いをさせてしまいます。

なので、ユーザビリティが著しく低下するというわけです。

 

SEOの面でも大切

ユーザビリティはGoogleの重視している観点ですので、詰まるところはSEOの面でも不利になってしまいます。

 

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
サーチコンソールヘルプ

 

サイトが表示されても画像がなかなか表示されなかったり、見づらいサイトだと離脱しますよね。

離脱率が高いサイトは質が低いと見なされてしまいます。

 

そして、これはpv数の減少に繋がり、収益の減少にも繋がります。

 

表示速度を計測できるツール

表示速度を計測できるツール
ここまでお読み頂ければ、自分のサイトの表示速度が気になりますよね。

 

今回は2つGoogle公式で無料のツールを紹介します。

  1. Pagespeed Insights
  2. Testmysite

 

では、ぞれぞれの使い方を説明していきます。

両方とも登録も必要なく、簡単に使えます。

 

Pagespeed Insights

Pagespeed Insightsは、Google公式のツールでサイトの表示速度が100点満点で計測できます。

また、個人に合った改善策も提示してくれます。

 

では手順を紹介します。

  1. HPに行く
  2. サイトURLを入力する

 

HPに行く

まずはpagespeed InsightsのHPに行くだけです。

 

サイトURLを入力する

次に下記のような画面になりますので、サイトURLを入力して、分析をクリックしましょう。

pagespeed Insights

 

pagespeed Insightsでは、PCとモバイル両方の速度を点数で計測することが出来ます。

 

Testmysite

Testmysiteも同じく、Google公式のツールで表示速度を秒数で計測できます。

こちらも、個人に合った改善策をレポートで提示してくれます。

 

では手順を紹介します。

  1. HPに行く
  2. サイトURLを入力する
  3. 「テスト結果を表示」をクリック

 

たったの3ステップで完了です。

では、簡単に説明していきます。

 

HPに行く

ますはTestmysiteのHPに行くだけです。

 

サイトURLを入力する

HPに行くと下記のような画面になりますので、空欄にサイトURLを入力します。
Testmysite

 

「テスト結果を表示」をクリック
サイトを入力後には下記の画面になりますので、右下の「テスト結果を表示」をクリックしましょう。
Testmysite

 

その後、サイトの表示速度が秒数で表示されます。




サイトの表示速度を上げる方法

サイトの表示速度を上げる方法

では、最後にサイト表示の速度を上げる方法を紹介していきます。

  1. 画像を圧縮する
  2. 外部ファイルを圧縮する
  3. AMPを導入する

 

では、順に説明していきます。

 

①画像を圧縮する

これはプラグインを使用すれば簡単にできます

 

画像圧縮の効果を含め、おすすめのプラグインを下記の記事で紹介していますので、ご活用下さい。(やり方解説付き)

【画像圧縮でSEO対策】その効果とおすすめのプラグイン

 

②外部ファイルを圧縮する

不要なCSSやJavaScriptがあると速度を低下させる要因になります。

 

CSS、JavaScriptのそれぞれを圧縮できるツールもありますので、気になる方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

pagespeed Insights

 

③AMPを導入する

AMPはサイトを高速に表示するための手法のことです。

 

そして、ワードプレスの無料テーマである「Cocoon」ではAMPがはじめから備わっています。(優秀すぎる..)

 

詳しくはデジタルマーケティングブログさんが記事を書いてくれています。

デジタルマーケティングブログ

 

まずは表示速度を調べよう

まとめ

表示速度はユーザビリティの面でもSEOの面でも大切です。

しっかりと自身のサイト表示速度を調査し、改善していきましょう。

 

他のSEO対策は下記をご活用下さい。

>>SEO対策一覧へ

 

人気記事 【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

 

トップへ戻る☝

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる