成長しない人の特徴&共通点9つ【成功する人と成功できない人の違い】

成長しない人の特徴&共通点9つ【成功する人と成功できない人の違い】Life
画像
  • 全然、成長できない
  • 努力が報われない

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

これには明確な理由が存在します。

 

私は塾の講師をしており、1,000人以上見てきましたが、「受験に失敗する子」や「成長できない子」には特徴や共通点が..

 

今回はその経験をもとに、「成長しない人の9つの特徴」を紹介します。

 

本記事を参考にすると、どの分野でも成長するマインドを学ぶことができます。

 

記事の内容

  • 成長しない人の特徴&共通点9つ
  • ①質問が下手
  • ②文句が多い
  • ③認識が甘い
  • ④すべて独学
  • ⑤壁を作っている
  • ⑥自らの失敗を忘れる
  • ⑦前を見ず後ろを見ている
  • ⑧モチベーションの維持ができない
  • ⑨努力のベクトルが目標を向いていない

 

記事の信頼性1,000人以上の子供を見て、成長出来ない人の特徴・共通点を確認しています
スポンサーリンク

成長しない人の特徴&共通点9つ

成長しない人の特徴&共通点9つ

成長しない人の特徴と共通点は、下記の9つ。

  1. 質問が下手
  2. 文句が多い
  3. 認識が甘い
  4. すべて独学
  5. 壁を作っている
  6. 自らの失敗を忘れる
  7. 前を見ず後ろを見ている
  8. モチベーションの維持ができない
  9. 努力のベクトルが目標を向いていない

 

順に説明します。

 

①質問が下手

これは例えば、こんな人。

  • 「海豚」の読み方が分からないから人に聞く(答えはイルカ)
  • 間違え失敗したら、原因を考えずにいきなり答えを求める

 

塾で言うと、最下位クラスの子供がする質問のレベル。

 

まず自分で考え仮説を立て検証し、それでもどうしてもダメだった時にするのが質問です。

このプロセスを踏めば、「海豚」の読み方を聞くなんて質問は出てきませんよね(漢字はググれば解決)。

 

⇒質問力を鍛える

 

②文句が多い

これはイヤなことがあった時に、「~だから」「理不尽だ」と文句を言う感じ。

文句を言うことは毒抜きにもなり、自分の位置を知れるので必要です。

 

ここで大切なのは、文句の後。

  • 下位クラス:文句で終わり
  • 上位クラス:文句の後に、行動する

 

口だけで終わるか否かです。

 

⇒文句を言っても良い、行動する

 

③認識が甘い

成功している人は涼しい顔して、裏でものすごい量の努力をしています。

 

ジミー
ジミー

毎日2時間も努力してるから余裕やけん

ホイケル
ホイケル

…1日10時間は当たり前だよね

 

この認識の『差』。

 

表面を見れば涼しげな顔してるし、天才のように感じることもあるかもしれません。

が、深層を探れば、人の数十倍の努力を普通にしているだけ

 

⇒甘い認識を改める

 

④すべて独学

これは悪いことではありませんが、せっかく成功してきた人のノウハウがあるなら盗みましょう

 

盗んだ上で自分の付加価値を付けていけば、それはもはや「あなたの技」になります。

人・物事から何かを学ぼうとする姿勢」、これは失敗から学ぶのと同じくらい大事なこと。

 

リクルート的に言うと「TTP」(徹底的にパクる)ですね。

 

⇒成功者から学ぶ。否、盗む

 

⑤壁を作っている

これはある一定のラインで自分には無理だと決めつけてしまうこと

 

「無理」と決めつけてしまうと、本当にそこで止まってしまうかも。

害悪なマインドブロックは壊していきましょう。

 

壁を作らなければ思いもよらないステージまで行けたりします。

 

⇒壁を作らない

 

⑥自らの失敗を忘れる

これは過去の失敗を忘れ、また同じことで失敗してしまうパターンです。

失敗は隠したくなるものかもしれませんが、失敗は宝の山

 

挑戦し失敗し、そこから学ぶことが大切。

我々が進化を遂げて成功するカギは、失敗とどう向き合うかにある

(第1章P17)

 

これは、私の好きな本である「失敗の科学」より引用した言葉です。

 

⇒失敗から学ぶ

 

⑦前を見ず後ろを見ている

これは「自分より後ろがいるから大丈夫」と自分を安心させてしまうタイプです。

塾で言うと、下から2番目クラスの子供に多い。

 

例えば、50mを走る時、どちらの方が早く走れるでしょうか?

  • 自分より早い人と走る
  • 自分より遅い人と走る

 

これは前者で、自分より早い人と走る方がタイムは良くなります。

遅い人と走れば勝てるし、気持ち良く安心もできますが、それではその内遅い人にも抜かれます。

 

ジミー
ジミー

「昨日の自分に勝てれば良い」ってパピーが言ってたで。

確かにその通りですが受験を含め物事は「相対評価」で、周りに勝ってるから受験に受かっているんです。

 

常に自分より凄い人と戦うのは精神的にツライかもしれませんが、成長には痛みが伴うもの(批判も同じく)。

 

その逆風を超えてこその成長であり、そこがスタートラインです。

 

⇒前を見て走る

 

⑧モチベーションの維持ができない

何かで成果を出すには継続と改善が必要不可欠

 

つまり長期戦になるので、モチベーションが維持できないのは致命的です。

ここで役に立つのがライバルの存在。リアルにいない人はSNSで探せばOK。

 

1人だと暗闇でも、ライバルがいると写し鏡のようにあなたの位置を示してくれますし、切磋琢磨することも可能。

 

勝手でも良いので、ライバルを作りましょう。

 

⇒モチベーション維持には他人を利用する

 

⑨努力のベクトルが目標を向いていない

これは要するに、目標が曖昧なまま努力をしている状態

 

例を挙げます。

石川県から1ヵ月以内に徒歩でディズニーランドに到着する

 

こんな目標があったとして、あなたならまず最初に何をしますか?

ジミー
ジミー

時間がなか、とりあえず走るばい

 

と思ったら危険信号。

 

努力していることにはなりますが、方向がズレていて逆に目標から離れている可能性もありますよね。

ベクトルのズレた努力をしても結果は出ない上、「あれだけ頑張ったのに..」と意気消沈することも。

 

ガオ
ガオ

私だったら、まずGoogleマップでルートを決めます。

 

まず最終的な目標を見据え、そこに「中期目標・短期目標」と重ね、正しいベクトルで努力する必要があります。

 

でないと努力は普通に裏切るし、報われない。努力さえすればいいわけではありません。

 

⇒努力のベクトルを目標に合わせる

 

成長しない人の特徴&共通点9つ:まとめ

まとめ

【成長しない人の特徴&共通点9つ】

  1. 質問が下手
  2. 文句が多い
  3. 認識が甘い
  4. すべて独学
  5. 壁を作っている
  6. 自らの失敗を忘れる
  7. 前を見ず後ろを見ている
  8. モチベーションの維持ができない
  9. 努力のベクトルが目標を向いていない

成長しないのは才能のせいではありません。

それにたった1つの認識を改めるだけで世界は変わります。

 

本記事で当てはまるものがあれば、1つずつでも意識してみて下さい。

 

「失敗の科学」が気になる方

 

\30日間の無料体験が可能/
Kindle Unlimited ≫
Amazonの「本・漫画・雑誌」が読み放題

 

人気記事 おすすめのASP5選+1を徹底比較【アフィリエイトで稼ぐ裏技あり】

人気記事 おすすめ動画配信サービス5選!値段・機能を徹底比較

コメント

プロフィール

ガオの顔

ガオ
現在21歳。ブログ開始5ヵ月で新卒の平均給料を達成。当サイト『ガオのノート』ではブログにおける有益かつ再現性の高い情報を発信しています。

【 実績 】

  • 3ヵ月で14万pv
  • 5ヵ月で収益20万
  • 書籍出版の依頼獲得
  • 5ヵ月でフォロワー数1万人
  • 大手企業より取材依頼を獲得
  • 企業コンサルタント依頼獲得

>>取材依頼等はこちら

>>ライティング依頼はこちら

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました