当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

LINE@(LINE公式アカウント)のメリット・デメリット【ブログにも応用可能】

  • LINE@(LINE公式アカウント)のメリット・デメリットって何?
  • ブログに応用とかできるの?

こんな悩みを解消します。

 

LINE@(LINE公式アカウント)は、メルマガに似たサービス

 

そして、メルマガとは違ったメリットが多くあり、その反面デメリットも存在します。

 

そこで今回はLINE公式アカウンの「メリット・デメリット」に加え、「ブログに応用する方法」も紹介します。

 

本記事を参考にすると、LINE公式アカウントのメリット・デメリットが分かり、上手く活用することができます。

 

記事の内容

  • LINE@(LINE公式アカウント)とは
  • LINE公式アカウントの機能
  • LINE公式アカウントの料金プラン
  • LINE公式アカウント4つのメリット
  • LINE公式アカウント2つのデメリット
  • ブログに応用する方法
目次

LINE@(LINE公式アカウント)とは

LINE@(LINE公式アカウント)とは

LINE@(LINE公式アカウントに名称変更)とは、嚙み砕いて言うとメルマガのようなサービス

 

通常のLINEと同じく1対1のメッセージもできる上、全員に向けての一斉メッセージ配信なども可能になっています。

 

LINE公式アカウントの料金プラン

LINE公式アカウントには、大きく分けて3種類の料金プランがあり、なんと無料でも使用可能

  • フリー:無料
  • ライト:月5,500円
  • スタンダード:月16,500円

 

個人で公式アカウントを持てると考えると、凄いことですね..

 

使用できるサービスは同じですが、課金すると送信できるメッセージが増えます。

 

LINE公式アカウントの機能

LINE公式アカウントの機能
LINE公式アカウントには、下記のような機能が備わっています。

  1. タイムライン
  2. クーポン機能
  3. リサーチページ
  4. 1対1メッセージ
  5. メッセージの一斉送信

 

順に紹介しますね。

 

タイムライン

これは通常のLINEと同じで、タイムライン投稿をすることが可能。

Twitterのツイートのような感覚ですね。

 

クーポン機能

これはそのままで、登録者にクーポンを配布することが可能

 

飲食店のLINE公式アカウントだと、よく20%OFFクーポンなどを配布しています。

 

リサーチページ

これは登録者に対しアンケートを取れるページ

 

自分のことをより見てくれている方の意見のみを抽出できるので、上手く使いたいとこですね。

 

1対1メッセージ

これは通常のLINEと同じように、1対1でメッセージの送受信が可能

 

質問や相談など、1対1で密にコミュニケーションを取ることができます。

 

メッセージの一斉送信

これが最も便利で、運営者から登録者の全員へメッセージを一斉送信することが可能

 

これにより伝達したい情報を1回で、全員に届けることかできます。

 

LINE公式アカウント4つのメリット

LINE公式アカウント4つのメリット
LINE公式アカウントを使用していてメリットに感じるのは下記の4点。

  1. 開封率が高い
  2. 伝達が早くできる
  3. メッセージ内CTRが高い
  4. 読者と密なコミュニケーションが取れる

 

順に解説します。

 

開封率が高い

これが一番の利点な気もしますが、LINE公式アカウントは開封率が異常に高いです。

通常メルマガなどの開封率は10%前後なのに対し、LINE公式アカウントは100%に近い開封率になることもしばしば。

 

それだけLINEが浸透をしている証拠でもありますね。




伝達が早くできる

全員への一斉送信が可能なので、伝達のスピードが早くなるのも大きな利点。

 

1人1人に送らずとも、送りたい人に1括送信できるのはかなりデカいですね。

 

メッセージ内CTRが高い

また、メッセージにあるURLのクリック率(CTR)も高くなります。

ちなみにGoogleの検索1位を取った時が平均20%のCTRなのに対し、LINE公式アカウントでは余裕で80%を超えてきます。

 

当たり前ですが、それによりCVRも高くなりますね。

 

読者と密なコミュニケーションが取れる

LINE公式アカウントでは、1対1のメッセージも可能なので、プライベート空間で密なコミュニケーションも取ることができます。

 

しかも、やり取りの方法は通常のLINEと同じなので、かなりスムーズに連絡を取り合うことが可能

 

LINE公式アカウント2つのデメリット

LINE公式アカウント2つのデメリット
逆にLINE公式アカウントを使用して、デメリットに感じるのは下記の2点。

  1. 負担が増える
  2. 個人でやると怪しまれる

 

順に解説します。

 

負担が増える

当たり前ですが登録者多数に対し、個人であれば1人で対応するので、負担が増えます

 

AI機能で自動返信もできるので、上手く利用して、負担を減らしていくしかないでしょう。

 

個人でやると怪しまれる

これが最大の難点。

LINE@(LINE公式アカウント)と聞くと、「何か詐欺っぽい..高額な商材売られそう」と思う方が結構います。

 

実際に、そういうことをする輩もいるのかもしれませんが、とんだとばっちりですね..

 

企業がやっていることを個人でやると怪しまれることはよくあるので、致し方なし。

 

LINE公式アカウントをブログに応用する方法

LINE公式アカウントをブログに応用する方法

これは発送次第でいくつでも出てきますが、今回は1つだけご紹介します。

 

それは『LINE公式アカウント限定の記事を作る』こと。

 

WordPressの保護パスワードを活用

WordPressには保護パスワードという機能があり、パスワードを知っている人だけが読める記事を作成することが可能

 

やり方は簡単。

  1. 公開状態を保護パスワードに変える
  2. パスワードを設定
  3. 記事を公開する
  4. LINE公式アカウントでパスワードを配布
  5. 登録者のみが記事を見れる

 

といった感じ。

 

実際の画面は下記のような場所で、パスワード保護にチェックを入れるだけでOK。

保護

 

WordPressブログを持っていない方は、「WordPressブログの始め方【初心者でも簡単画像付き】」をご活用下さい。

 

LINE@(LINE公式アカウント)のメリット・デメリット:まとめ

まとめ

LINE公式アカウントは無料でも大きくマーケテイングの幅が広がります。

特に知識やスキルも必要なく、簡単に始めることもできますので、ぜひ試してみて下さい。

 

また、私もLINE公式アカウントを運営しており、登録特典で『Google砲に被弾する条件』を具体的な数値付きで解説しているので、ご登録お待ちしております!

 

友だち追加

 

人気記事 WordPress(ワードプレス)ブログの始め方【初心者でも簡単画像付き】

人気記事 おすすめのASP5選+1を徹底比較【アフィリエイトで稼ぐ裏技あり】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる