【Twitter】反応が多くなる・目に留まるツイート術!【エンゲージメント率とは?Twitterを分析】

目に留まるツイート術Twitter
スポンサーリンク

・中々ツイートを見てもらえないなぁ

・フォロワー数を増やしたい

・ツイートの反応を増やしたい

こんな悩みを解消します。

 

今回は、度重なる検証で発見した目に留まるツイートの共通点6つを公開します。

実際に私も活用しており、開始1ヵ月の時点でフォロワー数は1,700人を超えていました。

 

また、エンゲージメント率などのツツイート分析の方法も解説します。

 

本記事を参考にすると、ツイートへの反応が増え、フォロワー数が増える可能性が高くなります。

 

記事の内容・目に留まるツイート術
・ちょっと裏技
・ツイート分析
・エンゲージメント率

 

記事の信頼性・18日でフォロワー1,000人
・35日でフォロワー2,000人

 

本記事はTwitterでフォロワーを増やす方法を公開!【18日で1,000人越え】の補助的な記事です。

まず上記の記事から読むことをおすすめします。

 

フォロワー数の証拠が欲しい方は下記から実際にご覧頂けます。

ガオのTwitter

スポンサーリンク

目に留まるツイート術

目に留まるツイート術

では、まずは目に留まるツイート術6つをすべて公開します。

①改行する

②画像を入れる

③要点を強調する

④メンションする

⑤リプを誘発する

⑥アイコンを工夫する

 

では、順位説明していきます。

 

①改行する

ツイートをする際は改行を必ずしましょう。

 

理由は2つあります。

1.読みやすい

2.ツイート幅を拡大できる

 

読みやすい

まず単純に文字が詰まっていると読む気が失せるので、それだけでも改行する価値があります。

 

Twitterの最大文字数は140字です。

そして、これは短い記事を書くのと同じです。改行の一切ない記事を読みたいですか?

ツイートもユーザビリティを考慮しましょう。

 

ツイート幅を拡大できる

Twitterはスクロールして見ていくと思うのですが、縦に長い方が目に留まる時間が長いですよね。

見やすさの他にも、ツイート滞在時間を伸ばすことが出来ます。

 

イメージはこんな感じです。

Twitter 目に留まるツイート

 

改行しすぎはNGです。長すぎるツイートは迷惑です。たまにツイートが真っ白になるくらい改行する人がいますが、即ミュート案件です。

 

②画像を入れる

これも上記で言ったようにツイート幅を伸ばす効果があります。

また、人間は文字よりも確実に画像に目が行きます。

 

ちょっと裏技

ただの画像ではなく、画像を編集してテキストを打ち込むとより読んでもらえます。

なので、編集で伝えたいことを打ち込むと認識率が上がります。

 

③要点を強調する

先ほどツイートは短い記事だと言いました。

なので、記事を書くのと同じで要点を強調しましょう。

 

Twitterで文字の強調はできないんやで

こう思うかもしれませんが、問題なしです。

 

下記の記号を使用します。

・【】

・\ /

・赤字の記号

 

これらを要点に用いるだけで、見やすさが格段に上がります。改行と合わせて活用しましょう。

 

「」を使うのはあまりオススメしません。見やすさにあまり変化がないからです。使うならブランクが必須です。

 

④メンションする

これはツイートに誰かをメンションするということです。

内容によっては、リツイートしてもらえます。拡散されれば多くの人に見てもらえますよね。

 

ただ、リツイートされなくてもいいねはしてもらえるはずです。

するとタイムラインに「〇〇さんがいいねしました」と流れる可能性が出てきます。

これはリツイートに近い効果を得る事が出来ます。

 

メンションや引用して頂ければ、必ず反応するので、ぜひ、ガオをご利用下さい。笑
ガオのTwitter

 

⑤リプを誘発する

ツイートに直接リプライなど反応があれば、注目率は上がります。

リプを誘発するツイートをするのも1つの手です。

 

具体例を挙げましょう。

1.〇〇でステーキを食べました!

2.〇〇でステーキを食べました!他におすすめのお店があれば教えてください!

 

どちらの方がリプを送りやすいかはご理解頂けるかと思います。

 

他にも「~のやり方を教えてください。」や「〇〇を知っている方いませんか?」など直接聞いてしまうのも効果的です。

 

ツイートに反応が欲しい時は、語尾を変えてリプを誘発しましょう。

 

⑥アイコンを工夫する

アイコンは人の顔や独自のキャラクターの方が反応率は高いです。

私は初期に適当なアイコンだったのですが、人の顔に変えた時から急速にフォロワー数や反応が増えていきました。

 

絵なんて描けないよ!

こんな方でも問題なしです。

 

絵は絵師さんに書いてもらいましょう。

ココナラというサービスを使うと数百円で書いてもらえます。そして質も高いのでおすすめです。

 

登録は無料でできるので、覗いてみるだけでもいいかもしれませんね。


ちょっと裏技

アイコンの背景には色を付けましょう。確実に目に留まる可能性が上がります。

他にもアイコンの周りを違う色の線で囲うのも効果的です。

 

ガオの顔

僕はこんな感じで青色にしています!

 

また冒頭でも言いましたが、他の技はTwitterでフォロワーを増やす方法を公開!【18日で1,000人越え】に詳しく書いてありますので、合わせてご覧ください。




【ツイート分析】どれだけ見られたかを確認する方法

ツイートがどれだけ見られたか確認する方法

では、実際に自分のツイートがどれだけ見られているかを確認してみましょう。

 

手順は簡単でたったの2つです。

①ツイートをクリック

②ツイートアクティビティをクリック

 

では、写真を使って説明していきます。

 

①ツイートをクリック

まずは確認したいツイートをクリックします。

 

②ツイートアクティビティをクリック

次に、下に「ツイーアクティビティ」とあるのでそこをクリックします。
ツイートアクティビティ

 

クリックすると下記のようにツイートアクティビティが表示されます。
ツイートアクティビティ

 

下記でこの数字達の意味を解説しますね。

 

インプレッションとエンゲージメント

ここでは重要な項目である2つ説明します。

 

1.インプレッション

これはタイムラインでツイートが表示された回数を指します。

上記のツイートは13,006回表示されたことになりますね。

 

2.エンゲージメント総数

これは、ツイートを見て何らかの反応をしたことを指します。

 

画像にも表記されていますが、反応とは下記のものです。

・いいね

・リツイート

・リプライ

・ツイートクリック

・引用リツイート

 

大まかに言うとこれらが反応です。

 

ツイートはエンゲージメント率が大事

ツイートは上記のインプレッションとエンゲージメント総数が大事になってくるのですが、見られても何も反応がなかったら意味がないですよね。

 

なので、ツイートはエンゲージメント率(%)が重要な指標になります。

 

エンゲージメント率?数字を出すか?黙れ小僧

こう思うかもしれませんが、スーパー簡単なのでご安心下さい。

簡単に言うと、ツイートを見た内の何人が反応をしたかを表す指標です。

 

計算式はこうです。

エンゲージメント総数 ÷ インプレッション × 100

 

スマホなどの電卓を使えば、10秒で計算可能ですよね。

では、上記のツイートを例に実際に計算してみましょう。

 

1,173 ÷ 13,006 × 100 = 9%

 

こんな感じでエンゲージメント率は9%ということが分かります。

要するに、100人中9人はツイートを見て何らかの反応をしたということです。

 

ちなみにエンゲージメント率は5%程度あると良いとされています。

 

心配しなくとも、フォロワーを買ったり相互フォローでなければ、エンゲージメント率は自然と高くなっていきます。

諦めず継続・改善しましょう。

まとめ

まとめ
今回は簡単に使えるテクニックを集めました。

何も難しいことはないですので、ぜひご活用下さい。

 

そして、ツイートをしたら分析をして改善をしていきましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました