アフィリエイトの成約率(CVR)を上げる9つの方法【裏技あり】

アフィリエイトの成約率(CVR)を上げる9つの方法【裏技あり】アフィリエイト
スポンサーリンク
  • アフィリエイトの成約率を上げたい
  • どのASPに登録すべきか分からない

こんな悩みを解消します。

 

アフィリエイトは、対人のビジネスなので読者の目線を持つことが不可欠

が、その目線を無視し、押し付けるとアフィリエイトで成約は難しいです。

 

そこで、今回はアフィリエイトの成約率を上げる9つの方法と裏技を紹介します。

 

本記事を参考にすると、アフィリエイトで成約率が上がる可能性が増えます。

 

記事の内容

  • アフィリエイトの成約率(CVR)を上げる9つの方法
  • 知っておくべき裏技
  • アフィリエイトに必須な6つのASP

アフィリエイトの成約率(CVR)を上げる9つの方法

アフィリエイトの成約率(CVR)を上げる9つの方法

アフィリエイト収益を上げるには、下記の9つを意識すると効果的です。

  1. 購入者の負担を減らす
  2. 限定性を出す
  3. プロスペクト理論を活用する
  4. 単価の高い案件を選ぶ
  5. 権威のあるブランドを選ぶ
  6. ベネフィットを紹介する
  7. 母数を増やす
  8. 情報に客観性を持たせる
  9. 初頭効果と親近効果

 

では、順に説明していきます。

 

購入者の負担を減らす

これは無料の案件を扱うということ。

 

1,000円の商品を購入してもらうよりも、無料登録や無料ダウンロードの方が購入者に負担がないですよね。

なので、初心者でも成約しやすいです。

 

具体的にはこんな感じ。

  • アプリ無料ダウンロード
  • クレジットカードの作成
  • サービスへの無料登録
  • 無料体験サービス

 

ここら辺は、読者への負担が少ないため成約しやすいです。

 

ゲームアプリの案件はSmart-Cで取り扱いがありますので、登録をオススメします。

 

\登録無料でアプリ案件が豊富/
Smart-Cに無料で登録する≫

 

関連記事 Smart-cのメリット・デメリット!審査は厳しい?



限定性を出す

これは「期間限定!」のように限定性を出す方法です。

たとえ記事を読んで、「コレ欲しい!」と思って貰えても、行動に移るかは別の問題。

 

後で買おうと思っても、結局買わないことがあったりします(カゴに入れても買わない人が多いという研究もある)。

 

なので、”今”動いてもらう工夫が必要になります。

 

具体的には下記のような謳い文句がよく見られます。

  • 期間限定
  • 数量限定
  • 〇〇日限定
  • 次回入荷未定
  • 本日のみ〇〇%オフ

 

商品の限定性を探しましょう。

 

プロスペクト理論を活用する

これは「人は得をしたい思いよりも損を避けたい思いの方が倍以上強い」という理論。

 

つまり、損失に訴えかける文章の方がアフィリエイトの成約に繋がるわけです。

  • 知ってるとお得ですよ!
  • 知らないと損してますよ!

 

後者の方が人を動かせるということです。

 

もうちょっと言うと、「知らないと損してますよ!」にはもう1つ心理学的な工夫があります。

下記をご覧ください。

  1. 知らないと損しますよ!
  2. 知らないと損してますよ!

 

ほぼ同じ文章でも、2の方が人を動かせます

 

理由は単純で、1は知らないとこれから損をするかもしれないという文脈、2は知らないが故に現在進行形で損をしているという文脈だからです。

 

復習ですが、”今”動いてもらう工夫が必要です。

 

他にも下記で多くの心理学テクニックを応用例付きで解説していますので、ご活用下さい。

>>アフィリエイト収益を上げる11の心理学テクニック

 

単価の高い案件を選ぶ

これはそのまま、単価の高い案件を選びましょう

 

例えば、5万円の収益を望む場合、単価の影響はこんな感じ。

  • 単価500円=100件の成約が必要
  • 単価1,000円=50件の成約が必要

 

成約数を増やす努力も大切ですが、仕組みを考え単価を上げれば、必要成約数は半分になります。

 

画僧

でも、どうやって単価を上げるの?

これは2つ方法があります。

  1. 担当者に交渉する
  2. ASPを探して回る

 

担当者に交渉は実績がないとキツイので、省きます。

 

ASPを探して回ると、同じ案件でも数百円単位で単価が変わります。

なので、比較して単価の高いASPから広告を出すのが良いでしょう。

 

また、売りたい商品・サービスがどのASPで扱われているか分からない場合は、下記の記事の方法を使えば1発で分かります。

>>アフィリエイトで売りたい商品が見つからない←ASPで見つける方法教えます

 

ランクを上げるため、1つのASPに絞るのもあり。

 

権威のあるブランドを選ぶ

商品・サービスを扱う時はブランディングのできているものを扱うのがベスト。

 

例えば、PCを買うときにあなたなら下記のどちらを買いたいですか?

  • Mac:18万円
  • PPP:16万円

 

PPPなどと意味の分からないPCがあり、値段が安くスペックが似ていてもMacの方が信用できますよね。

 

それはすでに商品のブランディングができており、ユーザーも多くいるからです。

単価が高くともマイナーすぎる商品・サービスは売るのが難しめです。

 

ブランディングができていて権威のある商品・サービスを選らびましょう

 

ベネフィットを紹介する

これは商品・サービスの機能を紹介するのではなく、その機能で何が変わるのかを紹介するということです。

 

具体例を挙げつつ、図解するとこんな感じ。
メリット ベネフィット

 

機能により何が変わるかを紹介することで、読者は未来を想像することができます。

 

詳しくは下記の記事で解説してますので、ご活用下さい。

>>【メリットとベネフィットの違い】アフィリエイト収益を3倍にした裏技を公開

 

母数を増やす

これはpv数を増やすということです。

何を言おうとも、見てくれる人が多い方が成約の確率が上がるのは間違いないです。

 

流入経路は大きく分けると4つで、中でも力を入れるべきは「SEO」と「SNS」の2つ。

経路分散の意味でも、この2つで攻めていくと良いです。

 

攻略記事は下記にまとめています。

>>SEO記事一覧へ>>Twitter記事一覧へ

 

情報に客観性を持たせる

これは商品・サービスのメリットだけでなくデメリットも紹介するということ。

 

良い面だけ紹介していると、信頼性が薄れます。客観性を持たせる意味でもデメリットを入れ込みましょう。

 

復習ですが人は損をすることの方が避けたいのです(プロスペクト理論)。

 

つまり、損をしたくないからデメリットを知りたいという心理があります。

 

求める情報は不安要素であったりするわけですね。



初頭効果と親近効果

また、デメリットは入れるタイミングが大切です。

 

心理学の初頭効果と親近効果を考慮する必要があります。

  • 初頭効果:最初の印象が強く残る
  • 親近効果:最後に印象が強く残る

 

記事は基本、良い印象にしたいわけですから、メリット・デメリットの順番はこんな感じだと効果的。

メリット→デメリット→メリット

 

具体的には下記の記事を頂ければ、分かるかと思います(公開2日で7,000回読まれています)。

>>U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

 

知っておくべき裏技

最後にちょっとした裏技を紹介します。

 

1つ質問をします。下記のどちらのキーワードが成約数が多くなるでしょうか?

  • 〇〇使い方
  • 〇〇評判

 

答えは後者です。

 

「使い方」で調べる人は、すでに商品・サービスを購入済の人の行動です(ほぼ成約しない)。

逆に「評判」は、まだ買っていないけど“損”をしたくないから調べる人です(また復習)。

 

このようにキーワードで1つで成約率は変化します。

 

成約しやすいキーワードはこんな感じ。

  • 〇〇感想
  • 〇〇おすすめ
  • 〇〇比較
  • 〇〇メリット・デメリット
  • 〇〇口コミ

 

などなど。

まだ購入していない読者層へ届くキーワード選定が必要です。

 

キーワード選定の手順は下記をご覧ください(複数の企業サイトで紹介されています)。

>>SEOキーワード選定のやり方を5つの手順で解説

 

ただ、成約しやすいキーワードは競合が強いので、集客記事を作り、そこから流すのが効果的。

 

アフィリエイトに必須な6つのASP

アフィリエイトに必須な6つのASP

上記で紹介して技を使うには、まずASPに登録する必要があります。

それぞれ同じ案件でも単価が異なるので、すべて登録してその中から比較して選ぶのがオススメ

 

具体的には下記の6つに登録しておけばOK。

 

もちろん登録はすべて無料です。

ASPごとに扱う商品もバラバラなので、登録していないのがあれば、しておきましょう。

 

アフィリエイト収益を上げよう

まとめ

アフィリエイトで成約率を上げるには、読者の目線に考えることが大切です。

“売る”意識だけでなく、読みやすい工夫などユーザビリティも考慮しましょう。

 

ちなみに下記の本を一読しておくと、読者の目線で考えられるようになるので、参考までに。

 

ドリルを売るには穴を売れ

 

また、他の役に立つアフィリエイト記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

>>アフィリエイト記事一覧へ

 

人気記事 おすすめのブログ本5冊!項目ごとに超厳選

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました