Googleアドセンス18の禁止事項【それ規約違反かも?】

Googleアドセンス18の禁止事項【規約違反を具体例付きで解説】ブログ
スポンサーリンク
  • Googleアドセンスの禁止事項が知りたい
  • 何をしたらアウトなの?

こんな悩みを解消します。

 

Googleアドセンスには禁止事項があり、違反するとアカウント停止になることも。

最悪、永久凍結に..

 

そこで今回は、Googleが禁止している項目を18個に分け、具体例付きで解説していきます。

 

本記事を参考にすると、Googleアドセンスを正しく活用できます。

 

記事の内容

  • Googleアドセンス禁止事項:①基礎編
  • Googleアドセンス禁止事項:②配置編
  • Googleアドセンス禁止事項:③コンテンツ編

 

記事の信頼性当サイト「ガオのノート」は、開始3ヵ月目で月間14万pv・Google砲44発・ドメインパワー37.4を達成しています。

Googleアドセンス禁止事項:①基礎編

Googleアドセンス禁止事項:①基礎編

まずは基礎編、有名ですが下記の3つ。

  1. 自分でクリックはNG
  2. 他人にクリック依頼もNG
  3. プライバシーポリシーを書く

 

順に解説します。

 

自分でクリックはNG

まず自分で広告クリックはNG

誤クリックであれば1回くらいは何とか大丈夫ですが、何度も自分でクリックするのはアウト。

 

30日間のアカウント停止、悪質な場合は永久凍結になります。

 

他人にクリック依頼もNG

画像

じゃあ、〇〇君に頼むか

これもアウト。

 

1人から複数回のクリックがあると、一時的に収益になってもすぐに取り消されます。

また、悪質な場合はアカウント停止になるので注意。

 

プライバシーポリシーを書く

また、Googleアドセンスなどの広告を使用する場合は、しっかりプライバシーポリシーを書く必要があります。

 

でないと、何かトラブルがあった時に、弁明もできず悪い状態で裁判になることもあります。

 

プライバシーポリシーはあなたを守る砦でもあるわけですね。

 

Googleアドセンス禁止事項:②配置編

Googleアドセンス禁止事項:②配置編

Googleアドセンス広告の配置にも禁止事項があり、下記の5つは避けましょう。

  1. 追尾型の広告はNG
  2. 誤解を招く配置はNG
  3. 他と被っている広告はNG
  4. ポップアップ型の広告はNG
  5. ファーストビューへの設置はNG

 

順に解説します。

 

追尾型の広告はNG

これはPC画面での話で、サイドバーにGoogleアドセンス広告を付け、スクロールと一緒に付いてくる広告

 

これは禁止されているので、ペナルティを食らう前にやめましょう。

 

誤解を招く配置はNG

実は関連記事の下に広告を混ぜるのもNG

 

通常のリンクと広告はしっかり識別させることが必要です。

関連記事に広告を混ぜる場合は、関連コンテンツを解放させるしかありません。

 

条件を含め、下記で詳しく解説しています。

>>関連コンテンツユニットとは?4つの解放条件

 

他と被っている広告はNG

これは広告と広告が被っていたり、文章と広告が被っている状態。

これでは誤クリックを招く恐れもあり、騙し広告とも受け取れるので禁止されています。

 

広告は広告と分かるように、前後に少し余裕があるとベター。

 

ポップアップ型の広告はNG

ポップアップ型とは、記事をスクロールした時ポっと浮き出てくる広告

これも禁止。

 

誤クリックで稼いでもその収益は消えてしまうので、今すぐやめることをオススメします。

 

ファーストビューへの設置はNG

記事を開いて最初に見える部分が、広告に占領されている状態はNG

 

スクロールしないと文章が全く見えない状態だと、ペナルティを食らう可能性があるのでご注意を。

 

Googleアドセンス禁止事項:③コンテンツ編

Googleアドセンス禁止事項:③コンテンツ編

コンテンツに関しては、下記の10種類が禁止されています。

  1. 暴力
  2. 詐欺
  3. タバコ
  4. 処方箋
  5. 誹謗中傷
  6. アダルト
  7. ギャンブル
  8. 著作権侵害
  9. 武器・兵器
  10. アルコール

 

順に詳しく解説します。

 

暴力

暴力的コンテンツは下記のようなことが該当します。

  • 虐殺
  • 格闘
  • 悲惨な事故

 

などなど。

一方で、ボクシングなどの武術はOK。




詐欺

これは読者を騙すようなコンテンツ

 

読んだ読者を違法的な行動にそそのかすのもNG。

 

タバコ

タバコに関してはこんな感じ。

【禁止】

  • 記事内で販売
  • 記事内で宣伝

【問題なし】

  • タバコ情報の記事

 

電子タバコも同じ扱いになりますのでご注意を。

 

処方箋

実は市販薬はOKなのですが、処方箋は禁止されています。

 

他にも違法薬物なども、もちろん禁止。

 

誹謗中傷

誹謗中傷は、いじめや差別的なコンテンツを指します。

 

特に下記のことで差別的な記事を書くのはNG。

  • 人種
  • 民族
  • 宗教
  • 年齢
  • 性別
  • 障がい

 

本記事に目を通してくれている方なら、お分かりだと思いますが、これらは人としても良くないですね。

 

アダルト

アダルトコンテンツへの広告は禁止されていますが、ボーダーラインが難しいところ。

 

Googleによると..

  • 子どもに見せても問題ないか
  • 友人の前で閲覧しても恥ずかしくないか

 

が基準だそうで。

 

厳しい事例だと、水着でペナルティを食らったりもあるみたいなので、判断が難しいところですね。

健全にいきましょう。

 

ギャンブル

ギャンブルはこんな感じの規制に。

【禁止】

  • オンラインカジノ

【問題なし】

  • 競馬の解説
  • パチンコ・パチスロの解説
  • お金を賭けない賭博ゲーム

 

なので、記事からオンラインカジノへのリンクを流すのはやめましょう。

 

著作権侵害

著作権で注意すべきなのは主に下記の3点。

  1. 他記事のコピーでないこと
  2. 著作権保護の画像を使用しないこと
  3. 著作権保護の動画を使用しないこと

 

これらに抵触するサイトに広告はNGなのでご注意を。

というか法律的にもNG。

 

武器・兵器

武器・兵器とは下記のような物が該当します。

  • 刃物
  • 爆弾
  • 花火
  • 発火物
  • エアガン

 

特にトレンド記事で花火を販売したりしていませんか?

 

他にも、爆発物の作り方など兵器に繋がるコンテンツもNG

 

アルコール

アルコールは何とワインはOKですが、ビールはNG

 

さらに、細かく言うと..

【禁止】

  • ビールの販売
  • 度数の高いアルコールの販売

【問題なし】

  • ワインの販売
  • 居酒屋の紹介
  • アルコールの豆知識

 

ワインはOKで、さらにシャンパンもOK。

 

ビールを扱う方は注意が必要ですね..

 

Googleアドセンス18の禁止事項:まとめ

まとめ
Googleアドセンスの禁止事項に触れてしまうと、アカウント停止が停止され、収益は自動的に0円になってしまいます。

 

目先ではなく、しっかりルールを守って長期的な目でアドセンスを活用しましょう。

 

また、他の役に立つブログ記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

ブログ記事一覧へ≫

 

人気記事 【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 おすすめ動画配信サービス5選!値段・機能を徹底比較

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました