ブログ記事校正13のチェックポイント!見直ししよう【文章編・SEO編】

ブログ校正13のチェックリストブログ
スポンサーリンク
  • ブログ記事の校正って何を気にすればいいの?
  • 見直しに使えるリストが欲しいな

こんな悩みを解消します。

 

ブログ記事は公開する前に、校正(見直し)をしますよね。

 

そして、どこに着目して校正をするかで、仕上がりが大きく変化することに。

 

そこで、今回は記事の質をグンと上げる校正リストを紹介します。

 

本記事を参考にすると、記事の質をグンと上げることができます。

 

記事の内容

  • ブログ記事校正7つのチェックポイント:文章編
  • ブログ記事校正6つのチェックポイント:SEO編

 

記事の信頼性当サイト「ガオのノート」は、開始3ヵ月目で月間11万pv・Google砲37発・ドメインパワー37.4を達成しています。
スポンサーリンク

ブログ記事校正7つのチェックポイント:文章編

ブログ校正7つのチェックポイント:文章編

ブログ文章を校正する際には、下記の7点を意識すると、記事の質がグンと上がります。

  1. 誤字脱字はないか
  2. 一文が長すぎないか
  3. ですます調になっていないか
  4. 強調しすぎていないか
  5. 語句のバランスは良いか
  6. 文章構成はキレイか
  7. 仕上げの裏技

 

では、順に解説します。

 

誤字脱字はないか

まずは、誤字脱字。

1本の記事で数千字になるので、やりがちですよね。

 

記事を公開する前に、しっかりとチェックしましょう。

 

ちなみに私もよくやります..(そして、すぐにTwitterのフォロワーさんがDMをくれます笑)

 

一文が長すぎないか

一文が長いと見づらいのはもちろん、要点が分かりにくく、離脱の原因にもなります。

 

目安で言うと、PC画面で2行が限界

それ以降はスマホ画面で見た時に、6行を超えてしまうため、かなり見づらくなります。

 

一文は短く簡潔にいきましょう。

 

ですます調になっていないか

文の終わりが、毎回「ですます」だと違和感を感じます。

なので、適度に体言止めを用いるのがGOOD

 

体言止めは「~こと」など、名詞で終わる用法(←これも体言止めです)。

 

ただ、体言止めばかりだと、それもおかしいので中庸が大切ですね。

 

強調しすぎていないか

強調(「太字・マーカー・色変え」)の目的は、大切な部分を目立たせるため。

 

ですが、強調だらけだと、それはもはや強調していないのと同じです(+読みづらい)。

イメージとしては、1小節に1~2個に絞のが良いでしょう。

 

※1小節..<h3>などのブロック

 

語句のバランスは良いか

語句のバランスとは、「ひらがな・カタカナ・漢字」の割合のこと。

 

どれか1つに偏るとかなり読みづらくなります。

特に漢字は5字以上重なると違う言語に見えて、視覚的な負担になるので注意が必要。

 

バランスを意識して書きましょう。

 

文章構成はキレイか

文章構成が支離滅裂だと、読んでも頭に「?」が浮かんでそのまま離脱コースです。

 

これはプレップ法を意識すると良いですね。

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

 

この順番で書くことで、理解しやすい文章にすることが可能です。

 

ぜひ、ご活用下さい。




仕上げの裏技

仕上げには「声を出して記事を読む」のがオススメ。

 

案外、文章は声に出して読むと違和感を感じることがあります。

結論、そこを訂正すればOK。

 

口語にする必要はありませんが、適度に文を躍らせましょう。

 

ブログ記事校正6つのチェックポイント:SEO編

ブログ校正6つのチェックポイント:SEO編

次に、SEOの観点からチェックすべき項目を6つ紹介します。

  1. ペルソナは設定できているか
  2. タイトルにキーワードはあるか
  3. <h2>にキーワードは入っているか
  4. リンクは生きているか
  5. 画像は最適化しているか
  6. 記事に信頼性はあるか

 

では、順に解説していきます。

 

ペルソナは設定できているか

まず記事を誰に向けて書けているかを確認しましょう。

その上で、しっかりとキーワード選定ができているかも確認が必須。

 

詳しくは下記をご覧ください。

>>SEOキーワード選定のやり方を5つの手順で解説

 

タイトルにキーワードはあるか

タイトルに狙っているキーワードが入っているかも、しっかりと確認しましょう。

 

ちなみにキーワードは左詰めにするとSEO対策になるので、そこも意識するとベター。

 

ただし!

SEOでマイナスになるタイトルの付け方も存在するので、注意が必要です。

 

詳しくは下記にてどうぞ。

>>タイトルでSEO対策【不利になる5つのタイトル&有利になる3つのタイトル】

 

<h2>にキーワードは入っているか

キーワードはタイトルだけでなく、<h2>要素にも入れましょう。

 

最後の<h2>を「まとめ」だけにしていませんか?

これはもったいないので、「記事のキーワード:まとめ」のような感じにしましょう。

 

リンクは生きているか

最後に内部リンクはしっかり作用しているかを確認しましょう。

リンクが途切れているとSEOの面でもマイナスとなります。

 

プレビューから確認をするのがオススメ。

 

画像は最適化しているか

画像は記事において大きな役割を持ちますが、最適化をしていないと効果が半減に

 

具体的には下記のことをチェックしましょう。

  • Alt属性は設定できているか
  • 画像の大きさは1,200ピクセルか
  • 画像は圧縮しているか
  • 画像が多すぎないか
  • 引用時にはルールを守っているか

 

こちらの項目を満たすことで画像を最適化することが可能です。詳しくは下記へどうぞ。

>>【ブログ画像】5つの役割と5つの注意点

 

記事に信頼性はあるか

最後に記事の発言に信頼性があるかを確認しましょう。

 

難しい項目ですが、ここを満たすことができると、Googleから良い評価を受けることができます。

 

具体的にどうやって信頼性を出すかは下記の記事で解説しています。

>>【Google E-A-T対策】ブログ記事に信頼性を出す5つの方法

 

ブログ記事を校正して質を上げよう

まとめ
ブログは上記の13項目を意識しながら、校正することで質を上げることができます。

 

逆に、記事公開後にすべきことは下記でまとめていますので、合わせてご活用下さい。

>>ブログ記事を公開後にやるべき6つのこと【稼ぐブロガーのひと手間】

また、他の役に立つSEO記事は下記にまとめていますので、ご活用下さい。

 

SEO記事一覧へ≫

 

人気記事 【おすすめのASP 5選+1】

人気記事 U-NEXTのメリット・デメリット!評判・口コミを調査

コメント

お問い合わせ

お問い合わせは下記に必要事項を記入し送信してください。

タイトルとURLをコピーしました