当サイト使用テーマ『SWELL』をダウンロード>>

アドセンス狩り対策のプラグインAdSense Invalid Click Protectorの使い方

  • アドセンス狩りの対策をしたい
  • プラグインがあれば使い方が知りたい

こんな要望に答えます。

 

アドセンス狩りとは、不正クリックを活用してアカウント停止に追い込む嫌がらせ行為

 

多くの被害者が出ており、実際にGoogleアドセンスに合格したのに、アカウント停止になってしまった事例も。

 

そこで今回は「アドセンス狩りを対策できるプラグイン」と「その効果と使い方」を解説します。

 

本記事を参考にすると、アドセンス狩りの対策ができ、悪意ある小物からあなたの収益を守ることができます。

 

記事の内容

  • アドセンス狩りとは
  • アドセンス狩り対策のプラグイン
  • AdSense Invalid Click Protectorの使い方
  • AdSense Invalid Click Protectorでショートコードを追加する
  • Googleアドセンスは禁止事項が多い
プラグインを導入する際は互換性を確認し、バックアップを取ることをオススメします。
目次

アドセンス狩りとは

アドセンス狩りとは

アドセンス狩りとは、広告を何十回も不正クリックをして、アドセンスアカウントを停止に追い込む行為

 

Googleは「無効なクリック」という項目でこう公言しています。

サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

引用元:アドセンスヘルプ

 

つまり、この禁止行為を利用して、広告停止に追い込むというわけ。

 

なぜアドセンス狩りが起こる?

アドセンス狩りの目的としては、下記のようなことが挙げられます。

  • ストレス解消
  • 人を落として楽しむ
  • ライバルへの嫌がらせ

 

器が小さすぎて顕微鏡が必要なレベル..

 

ですが、実際に被害に遭う方は多く、せっかくGoogleアドセンスに合格したのに、アカウントが停止になり1ヵ月収益が出ないなんてことも

 

アドセンス狩り対策になるプラグイン

そこで登場するのがWordpressプラグインのAdSense Invalid Click Protector
(「AICP」)。

このプラグインを使用することにより、広告の不正クリックを防ぎ、アドセンス狩りからあなたを守ってくれます。

 

日本ではあまり耳にしませんが、海外ではメジャーでセキュリティもしっかりしているので安心ですよ。

 

AdSense Invalid Click Protectorの効果と導入方法

AdSense Invalid Click Protectorの効果と導入方法

このAdSense Invalid Click Protectorを導入することで、広告を一定以上クリックしたユーザーをブロックすることが可能に

 

自分で設定できますが、3時間以内に3回以上クリックしたユーザーをBANし、記事にアクセスできないようコントロールできます。

 

他にも..

  • ユーザーのID
  • 過去にBANしたユーザー

 

などが分かるため、不正クリックの防止をしつつ、どんなユーザーが不正クリックをしようとしたのか知ることもできます。

 

AdSense Invalid Click Protectorの導入方法

AdSense Invalid Click Protectorの導入方法はスーパー簡単。

  1. 検索する
  2. インストールする
  3. プラグインを有効化する

 

まず「プラグイン > 新規追加」をクリックし、検索バーに「AdSense Invalid Click Protector」と入力。

AdSense Invalid Click Protector

 

すると、上記のような画面になるので、プラグインをインストールして、その後有効化ボタンを押せば完了。

 

有効化すると、画面左にプラグインが表示されるので、後は初期設定をすれば使用できます。

画面左にプラグインが表示

[ad01]

AdSense Invalid Click Protectorの使い方

AdSense Invalid Click Protectorの使い方

AdSense Invalid Click Protectorの初期設定は英語ですが、本記事では翻訳して解説するので、簡単に使うことができます。

 

設定する項目は全部7つ。

  1. Set the Ad Click Limit
  2. Click Counter Cooke Expiration Time
  3. Set the Visitor Ban Duration
  4. Do you want to use the IP-API Pro Key
  5. Provide your IP-API Pro Key
  6. Do you want to block~
  7. Banned Country List

 

翻訳しつつ解説しますね。

 

Set the Ad Click Limit

これは「クリックの上限」。

デフォルトだと3回なので、3回以上クリックしたユーザーはBANされることとなります。

 

ちなみに私は5回を上限にしています。

 

Click Counter Cooke Expiration Time

これは「クリックのリセット期間」。

デフォルトだと3時間なので、3時間経つとクリック数がリセットされます。

 

つまりデフォルトだと、3時間以内に3回以上広告をクリックしたユーザーをBANすることになりますね。

 

私は5時間の期間にしています。

 

Set the Visitor Ban Duration

これは「ユーザーのBAN期間」。

デフォルトだと7日間ですので、クリック数が上限を超えると、ユーザーじゃ7日間記事にアクセスできなくなります。

 

私はデフォルトの7日間にしています。

 

Do you want to use the IP-API Pro Key

ここは有料なので、空欄でOK。

 

Provide your IP-API Pro Key

こちらも有料なので、空欄でOK。

 

Do you want to block~

これは「特定の国からのクリック制限」。

ここを「Yes」にすれば、特定の国からの広告クリックを制限することができます。

 

私は特に制限はしていないので、「No」を選択しています。

 

Banned Country List

ここは上記で「Yes」を入れた場合に、特定の国を入力する欄

例えば、カナダからの広告クリックを制限したければ「Canada」と入力すればOK。

 

上記で「No」にチェックを入れた人は、ここは空欄で大丈夫です。

 

ガオ
ガオ

設定はこれだけ。お疲れさまでした!

 

AdSense Invalid Click Protectorでショートコードを追加する

AdSense Invalid Click Protectorでショートコードを追加する

設定は完了しましたが、これだけでは有効化できていません。

次に、「functions.php」を触る必要があり、少しでも失敗するとサイトが真っ白になります笑

 

ホイケル
ホイケル

ですが、ご安心下さい。phpを一切触ることなく安全に設定する方法を紹介します。

 

手順はこちら。

  1. Code Snippetsをインストール
  2. phpファイルをコピペで作成
  3. 有効化してショートコード作成
  4. ショートコードを記事に貼る

 

順に解説します。

 

Code Snippetsをインストール

まず「プラグイン > 新規追加」から、検索バーに「Code Snippets」と入力し、プラグインをインストール。

 

すると、画面左にはさみマークが追加されるので、その中の「Add New」をクリック。

はさみマーク

 

phpファイルをコピペで作成

すると下記のような画面になるので、「Enter title here」の部分にまずはファイルの名前を付けましょう(自分用なので何でもOK)。
phpファイルをコピペで作成

 

次に「Code」の部分に下記のソースコードを貼り付けます。

function ad01Func() {
if( aicp_can_see_ads() ) {
$adCode = '
<div class="aicp"></div>
'; return $adCode; } else { return '
<div class="error">広告の表示がブロックされています。</div>
'; } } add_shortcode('ad01', 'ad01Func');

 

そしたら、「<div class=”aicp”></div>」の間に自分のGoogleアドセンスの広告コードを貼り付けましょう。

 

自動広告には適用できず、手動で設置をしている場合のみ適用可能。自動広告はデメリットもあるので手動がオススメ。

 

有効化してショートコード作成

そしたら、画面をスクロールしSave changes and activateをクリックして完了。

 

その他の設定は一切触らず、デフォルトのままでOK。

 

この一連の作業により、Googleアドセンス広告のソースコードを圧縮し、セキュリティをかけている状態になりました。

 

ショートコードは本記事の通り進めれば全員同じで、ad01を[]で囲ったもの。下記のようにテキスト画面にショートコードを貼るだけでOK。

ショートコード

 

これでセキュリティ強化されたGoogleアドセンス広告が表示されます。

 

BANしたユーザーを確認する方法

これは画面左上のダッシュボードをクリックすれば、下記のような画面で確認することができます。

BANしたユーザーを確認する方法

 

最初は何も表示されませんが、時間が経つと数値に現れます。

 

Googleアドセンスは禁止事項が多い

Googleアドセンスは禁止事項が多い

不正クリックを活用したアドセンス狩り対策を解説しましたが、他にも多く禁止事項があります。

 

大きく分けると下記の3分割。

  1. 基礎編
  2. 配置編
  3. コンテンツ編

 

簡単に紹介しますね。

 

基礎編

  1. 自分でクリックはNG
  2. 他人にクリック依頼もNG
  3. プライバシーポリシーを書く

 

配置編

  1. 追尾型の広告はNG
  2. 誤解を招く配置はNG
  3. 他と被っている広告はNG
  4. ポップアップ型の広告はNG
  5. ファーストビューへの設置はNG

 

コンテンツ編

  1. 暴力
  2. 詐欺
  3. タバコ
  4. 処方箋
  5. 誹謗中傷
  6. アダルト
  7. ギャンブル
  8. 著作権侵害
  9. 武器・兵器
  10. アルコール

 

大きく分けると3分割で、全体で言うと18個の禁止項目があります。

 

それぞれ詳しくは下記で解説していますので、アカウント停止対策としてご活用下さい。

>>Googleアドセンス18の禁止事項【それ規約違反かも?】

 

アドセンス狩り対策のプラグインAdSense Invalid Click Protectorを活用しよう

まとめ

「自分は大丈夫だろう」と思っていると、普通にアドセンス狩りの被害を被ることもあります。

プラグインは無料で簡単に対策をできますので、しっかりと設定をしておきましょう。

 

また、他の役に立つWordpressプラグインは下記にまとめていますので、ご活用下さい。

>>WordPressおすすめのプラグイン7選+4【注意点あり】

 

人気記事 WordPress(ワードプレス)ブログおすすめのテーマ7選【機能を比較】

人気記事 検索順位チェックツールGRCの評判・評価は?メリット・デメリットを解説

 

テーマならAFFINGER
AFFINGER

Wordpressテーマで悩んでいるなら、AFFINGERをオススメします。

料金は「14,800円」の1回買い切りで、AFFINGERに変更してからpv数が増えた人が続出するほどの優秀なテーマ。

今なら「詳細ページ」から購入すると限定特典が付きますので、ぜひご活用下さい。

>>AFFINGERのメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ガオの画像
ガオ
22歳。Webマーケター【経歴】❶海外40ヶ国に渡航→❷ブログを開設→❸3ヵ月で月間14万pv達成→❹書籍出版やSEOコンサルの依頼→❺マイナビより取材→❻企業より多数スカウト→❼Webマーケティング会社に就業
《 当サイト使用テーマ 》

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる